レファレンス

これらのコンポーネントは、Bluetoothを使用してLEGO®MINDSTORMS®NXTロボットを制御します。

LEGOとMINDSTORMSはLEGO Groupの登録商標です。

重要 :これらのすべてのコンポーネントには、(ブラウザで)App Inventorデザイナで設定する必要があるBluetoothClient プロパティがあります。 このプロパティはブロックエディタでは設定できません。 このプロパティは、どのBluetoothClient コンポーネントをロボットとの通信に使用するかを指定します。 プロジェクトにBluetoothClientコンポーネントを明示的に追加する必要があります。 ロボットが1つの場合は、BluetoothClientコンポーネントが1つ必要です。 2台のロボットを持っていて、1つのアプリケーションから両方を同時に制御したい場合は、プロジェクトに2つのBluetoothClientコンポーネントが必要になります。 BluetoothClientコンポーネントは、パレットの「ゴールデンタイムの準備ができていません」セクションから入手できます。

NXTコンポーネントを使用するために実行する必要がある最初の手順は次のとおりです。

  1. パレットに行き、「プライムタイムの準備ができていません」をクリックしてください。
  2. BluetoothClientコンポーネントをドラッグしてビューアにドロップします。
  3. コンポーネントは自動的にBluetoothClient1という名前になります 。
  4. パレットで 、「LEGO MINDSTORMS」をクリックしてください。
  5. コンポーネントの1つ、たとえばNxtDirectCommandsをドラッグし 、それをビューアにドロップします。
  6. プロパティ ] ボックスで 、 BluetoothClientの後の領域(現在は[なし])をクリックします。
  7. プロジェクト内のすべてのBluetoothClientコンポーネントのリストを含むボックスが表示されます。
  8. BluetoothClient1をクリックして[ OK ]をクリックします。
  9. 必要に応じて、 NxtColorSensorなどの別のコンポーネントを追加し、手順6〜8を繰り返してそのBluetoothClientプロパティを設定します。

目次

NxtDirectCommands

NXTダイレクトコマンドを送信する機能を備えた、LEGO MINDSTORMS NXTロボットへの低レベルインターフェースを提供するコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要があります

方法

DeleteFile (テキストファイル名)ロボット上のファイルを削除します。DownloadFile (テキストソース、テキストデスティネーション)ファイルをロボットにダウンロードします。GetBatteryLevel ()ロボットの電池残量を取得します。 電圧をミリボルトで返します。GetBrickName ()ロボットのブリックネームを取得します。GetCurrentProgramName ()ロボット上で現在実行中のプログラムの名前を取得します。GetFirmwareVersion ()ロボットのファームウェアとプロトコルのバージョン番号をリストとして取得します。最初の要素はファームウェアのバージョン番号、2番目の要素はプロトコルのバージョン番号です。GetInputValues (テキストsensorPortLetter)ロボットの入力センサーの値を読み取ります。 センサータイプがSetInputModeによって設定されていると仮定します。GetOutputState (テキストのmotorPortLetter)ロボットのモーターの出力状態を読み取ります。KeepAlive ()生き続ける。 現在のスリープ時間制限をミリ秒単位で返します。ListFiles (テキストワイルドカード)ロボット上で見つかった一致ファイルの名前を含むリストを返します。LsGetStatus (テキストsensorPortLetter)読み取ることができる利用可能なバイト数を返します。LsRead (テキストsensorPortLetter)ロボットの入力センサーから符号なし低速データを読み取ります。 センサータイプがSetInputModeによって設定されていると仮定します。LsWrite (テキストsensorPortLetter、リストリスト、番号rxDataLength)ロボットの入力センサーに低速データを書き込みます。 センサータイプがSetInputModeによって設定されていると仮定します。MessageRead (メールボックス番号)ロボットのメールボックス(1〜10)からメッセージを読みます。MessageWrite (メールボックス番号、テキストメッセージ)ロボットのメールボックス(1〜10)にメッセージを書き込みます。PlaySoundFile (テキストファイル名)ロボットでサウンドファイルを再生します。PlayTone (周波数数Hz、持続時間数PlayTone )ロボットにトーンを鳴らさせる。ResetInputScaledValue (テキストsensorPortLetter)ロボットの入力センサーのスケール値をリセットします。ResetMotorPosition (テキストのmotorPortLetter、ブール相対)モーター位置をリセットしてください。SetBrickName (テキスト名)ロボットのブリックネームを設定します。SetInputMode (テキストsensorPortLetter、番号sensorType、番号sensorMode)ロボットに入力センサーを設定します。SetOutputState (テキストmotorPortLetter、数値べき乗、数値モード、数値規則モード、数値turnRatio、数値runState、数値tachoLimit)ロボットのモーターの出力状態を設定します。StartProgram (テキストprogramName)ロボット上で以前にダウンロードしたプログラムの実行を開始します。StopProgram ()ロボットで現在実行中のプログラムの実行を停止します。StopSoundPlayback ()音声の再生を停止します。

NxtColorSensor

LEGO MINDSTORMS NXTロボットのカラーセンサーへの高度なインターフェースを提供するコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますDetectColorセンサーが色または光を検出するかどうか。 
Trueはセンサーが色を検出することを示します。 Falseならセンサーは光を検出するはずです。 
DetectColorプロパティがTrueに設定されている場合、BelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントは発生せず、センサーは色を生成しません。 
DetectColorプロパティがFalseに設定されている場合、ColorChangedイベントは発生しません。ColorChangedEventEnabledDetectColorプロパティがTrueに設定されていて、検出された色が変化したときにColorChangedイベントを発生させるかどうか。GenerateColorセンサーによって生成されるべき色。 
有効な値は、None、Red、Green、またはBlueのみです。 
DetectColorプロパティがTrueに設定されている場合、センサーは色を生成しません。BottomOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の下限。TopOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の上限。BelowRangeEventEnabledDetectColorプロパティがFalseに設定されていて、照明レベルがBottomOfRangeを下回ったときにBelowRangeイベントを発生させるかどうか。WithinRangeEventEnabledDetectColorプロパティがFalseに設定されていて、照明レベルがBottomOfRangeとTopOfRangeの間にあるときにWithinRangeイベントを発生させるかどうか。AboveRangeEventEnabledDetectColorプロパティがFalseに設定されていて、照明レベルがTopOfRangeを上回ったときにAboveRangeイベントを発生させるかどうか。

イベント

ColorChanged(number color)検出色が変わりました。 
DetectColorプロパティがFalseに設定されている場合、またはColorChangedEventEnabledプロパティがFalseに設定されている場合は、ColorChangedイベントは発生しません。BelowRange()光量が範囲を下回っています。 
BelowRangeイベントは、DetectColorプロパティがTrueに設定されている場合、またはBelowRangeEventEnabledプロパティがFalseに設定されている場合は発生しません。WithinRange()光量が範囲内になった。 
DetectColorプロパティがTrueに設定されている場合、またはWithinRangeEventEnabledプロパティがFalseに設定されている場合は、WithinRangeイベントは発生しません。AboveRange()光量が範囲を超えています。 
AboveRangeイベントは、DetectColorプロパティがTrueに設定されている場合、またはAboveRangeEventEnabledプロパティがFalseに設定されている場合は発生しません。

方法

GetColor ()現在検出されている色を返します。色が読み取れない場合、またはDetectColorプロパティがFalseに設定されている場合は、色Noneを返します。GetLightLevel ()現在の光量を0〜1023の範囲の値で返します。光量が読み取れない場合、またはDetectColorプロパティがTrueに設定されている場合は-1を返します。

NxtLightSensor

LEGO MINDSTORMS NXTロボットの光センサーへの高度なインターフェースを提供するコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますGenerateLight光センサーが光を生成するかどうか。BottomOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の下限。TopOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の上限。BelowRangeEventEnabledライトレベルがBottomOfRangeを下回ったときにBelowRangeイベントを発生させるかどうか。WithinRangeEventEnabledライトレベルがBottomOfRangeとTopOfRangeの間に入ったときにWithinRangeイベントを発生させるかどうか。AboveRangeEventEnabledライトレベルがTopOfRangeを超えたときにAboveRangeイベントを発生させるかどうか。

イベント

BelowRange()光量が範囲を下回っています。WithinRange()光量が範囲内になった。AboveRange()光量が範囲を超えています。

方法

GetLightLevel ()現在の光量を0から1023の間の値で返します。光量が読み取れない場合は-1を返します。

NxtSoundSensor

LEGO MINDSTORMS NXTロボットのサウンドセンサーへの高度なインターフェースを提供するコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますBottomOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の下限。TopOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の上限。BelowRangeEventEnabledサウンドレベルがBottomOfRangeを下回ったときにBelowRangeイベントを発生させるかどうか。WithinRangeEventEnabledサウンドレベルがBottomOfRangeとTopOfRangeの間に入ったときにWithinRangeイベントを発生させるかどうか。AboveRangeEventEnabledサウンドレベルがTopOfRangeを超えたときにAboveRangeイベントを発生させるかどうか。

イベント

BelowRange()音量が範囲を下回った。WithinRange()音量レベルが範囲内になりました。AboveRange()音量が範囲を超えています。

方法

GetSoundLevel ()現在の音量を0から1023の間の値で返します。音量が読めない場合は-1を返します。

NxtTouchSensor

LEGO MINDSTORMS NXTロボットのタッチセンサーに高度なインターフェースを提供するコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますPressedEventEnabledタッチセンサーが押されたときにPressedイベントが発生するかどうか。ReleasedEventEnabledタッチセンサーが離されたときにReleasedイベントを発生させるかどうか。

イベント

Pressed()タッチセンサーが押されました。Released()タッチセンサーが解放されました。

方法

IsPressed ()タッチセンサーが押されていればtrueを返します。

NxtUltrasonicSensor

LEGO MINDSTORMS NXTロボットの超音波センサーとの高度なインターフェースを提供するコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますBottomOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の下限。TopOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の上限。BelowRangeEventEnabled距離がBottomOfRangeを下回ったときにBelowRangeイベントを発生させるかどうか。WithinRangeEventEnabled距離がBottomOfRangeとTopOfRangeの間にあるときにWithinRangeイベントを発生させるかどうか。AboveRangeEventEnabled距離がTopOfRangeを超えたときにAboveRangeイベントを発生させるかどうか。

イベント

BelowRange()距離が範囲を下回りました。WithinRange()距離が範囲内になりました。AboveRange()距離が範囲を超えています。

方法

GetDistance ()現在の距離を0から254の間の値でセンチメートルで返します。距離が読み取れない場合は-1を返します。

NxtDrive

LEGO MINDSTORMS NXTロボットへの高度なインターフェースを提供し、ロボットを動かしたり回転させることができる機能を備えたコンポーネント

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますDriveMotors運転に使用されるモーターポート。WheelDiameter運転に使用される車輪の直径。StopBeforeDisconnect切断する前に駆動モーターを停止するかどうか。

方法

MoveForwardIndefinitely (数乗)指定された最大電力の割合で、ロボットを無制限に前進させます。MoveForward (数の累乗、数の距離)指定された最大出力の割合で、ロボットを指定された距離だけ前方に移動します。MoveBackwardIndefinitely (数乗)指定された最大電力の割合で、ロボットを無期限に後退させます。MoveBackward (数の累乗、数の距離)指定された最大出力の割合で、ロボットを指定された距離だけ後方に移動します。Stop ()ロボットの駆動モーターを停止します。TurnClockwiseIndefinitely (ナンバー乗)指定された最大電力の割合で、ロボットを時計回りに無期限に回転させます。TurnCounterClockwiseIndefinitely (ナンバー乗)指定された最大電力の割合で、ロボットを反時計回りに無期限に回転させます。

Ev3モーター

モーターを制御できる機能を備えた、LEGO MINDSTORMS EV3ロボットへの高レベルと低レベルの両方のインターフェースを提供するコンポーネント。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますMotorPortsモーターが接続されているモーターポート。 ポートは一連のポート文字で指定されます。 Designerで設定する必要がありますWheelDiameterモーターに取り付けられている車輪の直径(センチメートル)。ReverseDirectionモーターの方向を逆にするかどうかを指定します。EnableSpeedRegulation速度調整が有効な場合、ロボットは電力を調整して速度を維持します。StopBeforeDisconnect切断する前にモーターを停止するかどうか。TachoCountChangedEventEnabled角度が変更されたときにTachoCountChangedイベントを発生させるかどうか。

方法

RotateIndefinitely (数乗)モーターを回転させ始めます。RotateInTachoCounts (数値の累乗、数値のtachoCounts、ブールのuseBrake)多数のタコカウントでモーターを回転させます。RotateInDuration (数値べき乗、ミリ秒数、ブール値useBrake)一定期間内にモーターを回転させます。RotateInDistance (数値の累乗、数値の距離、ブール値useBrake)モーターを遠くに回転させます。RotateSyncIndefinitely (ナンバー乗、ナンバーターン比)モーターを同じ速度で回転させます。RotateSyncInDistance (数値の累乗、距離の数値、回転数の比率、useBrakeのブール値)モーターを同じ速度でcm単位で回転させます。RotateSyncInDuration (数値の乗数、ミリ秒の数、ターン数の比率、ブールのuseBrake)一定の時間内に同じ速度でモーターを回転させます。RotateSyncInTachoCounts (数の累乗、数のtachoCounts、数のturnRatio、ブールのuseBrake)多数のタコカウントで同じ速度でモーターを回転させます。Stop (ブール値useBrake)ロボットのモーターを停止します。ToggleDirection ()モーターの方向を切り替えます。ResetTachoCount ()現在のタコカウントをゼロに設定します。GetTachoCount ()現在のタコの数を取得します。

Ev3ColorSensor

LEGO MINDSTORMS EV3ロボットのカラーセンサーとの高度なインターフェースを提供するコンポーネント。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますBottomOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の下限。TopOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の上限。BelowRangeEventEnabledライトレベルがBottomOfRangeを下回ったときにBelowRangeイベントを発生させるかどうか。WithinRangeEventEnabledライトレベルがBottomOfRangeとTopOfRangeの間に入ったときにWithinRangeイベントを発生させるかどうか。AboveRangeEventEnabledライトレベルがTopOfRangeを超えたときにAboveRangeイベントを発生させるかどうか。ColorChangedEventEnabledModeプロパティが “color”に設定され、検出された色が変化したときにColorChangedイベントを発生させるかどうか。Mode現在のセンサーモードを取得します。

方法

GetLightLevel ()光量をパーセントで返します。光量が読み取れない場合は-1を返します。GetColorCode ()色なし、黒、青、緑、黄色、赤、白、茶色に対応する0から7のカラーコードを返します。GetColorName ()色名を “色なし”、 “黒”、 “青”、 “緑”、 “黄”、 “赤”、 “白”、 “茶”のいずれかで返します。SetColorMode ()色検出モードに入ります。SetReflectedMode ()反射光でセンサーに光量を読み取らせます。SetAmbientMode ()反射光なしでセンサーに光量を読み取らせます。

Ev3GyroSensor

LEGO MINDSTORMS EV3ロボットのジャイロセンサーへの高度なインターフェースを提供するコンポーネント。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますModeセンサーモードは、それぞれSetAngleModeまたはSetRateModeに対応する「rate」または「angle」のテキスト定数にすることができます。SensorValueChangedEventEnabledセンサー値が変更されたときにSensorValueChangedイベントを発生させるかどうか。

方法

GetSensorValue ()現在のモードに基づいて現在の角度または回転速度を返します。値をセンサーから読み取ることができない場合は-1を返します。SetAngleMode ()センサーの向きを測定します。SetRateMode ()センサーの角速度を測定します。

Ev3TouchSensor

LEGO MINDSTORMS EV3ロボットのタッチセンサーに高度なインターフェースを提供するコンポーネント。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますPressedEventEnabledタッチセンサーが押されたときにReleasedイベントを発生させるかどうか。ReleasedEventEnabledタッチセンサーが離されたときにReleasedイベントを発生させるかどうか。

方法

IsPressed ()タッチセンサーが押されていればtrueを返します。

Ev3UltrasonicSensor

LEGO MINDSTORMS EV3ロボットの超音波センサーとの高度なインターフェースを提供するコンポーネント。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要がありますSensorPortセンサーが接続されているセンサーポート。 Designerで設定する必要がありますBottomOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の下限。TopOfRangeBelowRange、WithinRange、およびAboveRangeイベントに使用される範囲の上限。BelowRangeEventEnabled距離がBottomOfRangeを下回ったときにBelowRangeイベントを発生させるかどうか。WithinRangeEventEnabled距離がBottomOfRangeとTopOfRangeの間にあるときにWithinRangeイベントを発生させるかどうか。AboveRangeEventEnabled距離がTopOfRangeを超えたときにAboveRangeイベントを発生させるかどうか。Unit距離の単位。 “cm”または “inch”のいずれかです。

方法

GetDistance ()現在の距離を0から254の間の値でセンチメートルで返します。距離が読み取れない場合は-1を返します。SetCmUnit ()センチメートルで距離を測定します。SetInchUnit ()インチ単位で距離を測定します。

Ev3Sound

サウンド機能を提供するLEGO MINDSTORMS EV3ロボットへのハイレベルなインターフェースを提供するコンポーネント。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要があります

方法

PlayTone (音量、音量、ミリ秒数)ロボットにトーンを鳴らさせる。StopSound ()ロボットの音を止めます。

Ev3UI

LEGO MINDSTORMS EV3ロボットへの高度なインターフェースを提供するコンポーネントで、EV3画面にグラフを描画する機能を備えています。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要があります

方法

DrawPoint (数色、数x、数y)画面上に点を描きます。DrawIcon (番号の色、番号x、番号y、番号タイプ、番号no)画面に内蔵のアイコンを描きます。DrawLine (数の色、数x1、数y1、数x2、数y2)画面に線を引きます。DrawRect (数値の色、数値x、数値y、数値の幅、数値の高さ、ブール値)画面に四角形を描きます。DrawCircle (数値の色、数値x、数値y、数値半径、ブール値)画面上に円を描きます。FillScreen (数字の色)画面を色で塗りつぶします。

Ev3コマンド

LEGO MINDSTORMS EV3ロボットへの低レベルインターフェースを提供するコンポーネントで、EV3ロボットにシステムまたはダイレクトコマンドを送信する機能を備えています。

プロパティ

BluetoothClient通信に使用する必要があるBluetoothClientコンポーネント。 Designerで設定する必要があります

方法

KeepAlive (数分)EV3ブロックをしばらくシャットダウンしないでください。GetBatteryVoltage ()電池電圧を取得します。GetBatteryCurrent ()電池の電流を入手してください。GetOSVersion ()EV3のOSバージョンを入手してください。GetOSBuild ()EV3上でOSビルドを入手してください。GetFirmwareVersion ()EV3のファームウェアバージョンを入手してください。GetFirmwareBuild ()EV3上でファームウェアビルドを入手してください。GetHardwareVersion ()EV3のハードウェアバージョンを入手してください。

レファレンス

目次

アクティビティ起動

StartActivityメソッドを使ってアクティビティを起動できるコンポーネント。

開始できる活動は次のとおりです。

  • Androidアプリ用に別のApp Inventorを起動しています。 これを行うには、まずソースコードをダウンロードし、ファイルエクスプローラまたは解凍ユーティリティを使用して「youngandroidproject / project.properties」という名前のファイルを探して、他のアプリケーションのクラスを見つけます。 ファイルの最初の行は “main =”で始まり、その後にクラス名が続きます。 たとえば、 main=com.gmail.Bitdiddle.Ben.HelloPurr.Screen1です。 (最初のコンポーネントは、Ben.Bitdiddle @ gmail.comによって作成されたことを示しています。) ActivityStarterこのアプリケーションを起動させるには、次のプロパティを設定します。
    • ActivityPackageをクラス名にして、最後のコンポーネントを削除します(たとえば、 com.gmail.Bitdiddle.Ben.HelloPurr )。
    • ActivityClassからクラス全体の名前(たとえば、 com.gmail.Bitdiddle.Ben.HelloPurr.Screen1 )
  • 以下のプロパティを設定してカメラアプリケーションを起動します。
    • Action: android.intent.action.MAIN
    • ActivityPackage: com.android.camera
    • ActivityClass: com.android.camera.Camera
  • Web検索を実行しています。 検索したい用語が「吸血鬼」(自分の選択に置き換えても構わない)であると仮定し、プロパティを次のように設定します。
    • アクション:android.intent.action.WEB_SEARCH
    • ExtraKey:クエリ
    • ExtraValue:ヴァンパイア
    • ActivityPackage:com.google.android.providers.enhancedgooglesearch
    • ActivityClass:com.google.android.providers.enhancedgooglesearch.Launcher
  • 指定されたWebページにブラウザを開く あなたが行きたいページが “www.facebook.com”(あなた自身の選択を代用しても構わない)であると仮定して、プロパティを次のように設定します。
    • アクション:android.intent.action.VIEW
    • DataUri:http://www.facebook.com

プロパティ

ActionActivityClassActivityPackageDataTypeDataUriExtrasアクティビティの「追加」フィールドでキー/値ペアとして使用されているペアのリストを受け入れますExtraKey (Obsolete)ExtraValue (Obsolete)ResultResultNameResultTypeResultUri

イベント

AfterActivity(text result)このActivityStarterが戻った後に発生するイベント。ActivityCanceled()アクティビティがキャンセルされたためにこのActivityStarterが戻った場合に発生するイベント。

方法

text ResolveActivity()このActivityStarterに対応するアクティビティの名前、または対応するアクティビティが見つからない場合は空の文字列を返します。StartActivity()このActivityStarterに対応するアクティビティを起動します。

Bluetoothクライアント

Bluetoothクライアントコンポーネント

プロパティ

AddressesAndNamesペアリングされたBluetoothデバイスのアドレスと名前AvailableデバイスでBluetoothが使用可能かどうかCharacterEncodingDelimiterByteEnabledBluetoothが有効かどうかHighByteFirstIsConnectedSecureBluetooth v2.1以降を搭載したデバイスでサポートされているSSP(Simple Secure Pairing)を呼び出すかどうか。 内蔵Bluetoothデバイスを使用する場合は、このプロパティをFalseに設定する必要があります。 Android 2.0-2.2の場合、このプロパティ設定は無視されます。

イベント

無し

方法

number BytesAvailableToReceive()ブロックせずに受信できるバイト数の推定値を返すboolean Connect(text address)指定されたアドレスとシリアルポートプロファイル(SPP)でBluetoothデバイスに接続します。 接続が成功した場合はtrueを返します。boolean ConnectWithUUID(text address, text uuid)指定されたアドレスとUUIDでBluetoothデバイスに接続します。 接続が成功した場合はtrueを返します。Disconnect()接続されているBluetoothデバイスから切断します。boolean IsDevicePaired(text address)指定したアドレスのBluetooth機器がペアリングされているか確認します。number ReceiveSigned1ByteNumber()接続しているBluetooth機器から1バイトの符号付き数字を受信します。number ReceiveSigned2ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから2バイトの符号付き数字を受信します。number ReceiveSigned4ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから4バイトの符号付き数字を受信します。list ReceiveSignedBytes(number numberOfBytes)接続されたBluetoothデバイスから複数の符号付きバイト値を受け取ります。 numberOfBytesが0より小さい場合は、区切りバイト値が受信されるまで読み取ります。text ReceiveText(number numberOfBytes)接続されているBluetoothデバイスからテキストを受信します。 numberOfBytesが0より小さい場合は、区切りバイト値が受信されるまで読み取ります。number ReceiveUnsigned1ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから符号なし1バイト番号を受信します。number ReceiveUnsigned2ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから符号なし2バイト番号を受信します。number ReceiveUnsigned4ByteNumber()接続されたBluetoothデバイスから符号なし4バイト番号を受け取ります。list ReceiveUnsignedBytes(number numberOfBytes)接続されているBluetoothデバイスから複数の符号なしバイト値を受信します。 numberOfBytesが0より小さい場合は、区切りバイト値が受信されるまで読み取ります。Send1ByteNumber(text number)接続しているBluetooth機器に1バイトの数字を送信してください。Send2ByteNumber(text number)接続しているBluetooth機器に2バイトの数字を送信してください。Send4ByteNumber(text number)接続しているBluetooth機器に4バイトの数字を送信してください。SendBytes(list list)接続されているBluetoothデバイスにバイト値のリストを送信します。SendText(text text)接続されているBluetoothデバイスにテキストを送信します。

Bluetoothサーバー

Bluetoothサーバーコンポーネントの写真

Bluetoothサーバーコンポーネント

プロパティ

Available: booleanBluetoothがAndroidデバイスで利用可能かどうかを伝えます。CharacterEncoding: textテキストを送受信するときに使用する文字エンコーディング。DelimiterByte: numberReceiveText、ReceiveSignedBytes、またはReceiveUnsignedBytesを呼び出すときにnumberOfBytesパラメーターに負の数を渡すときに使用する区切りバイト。Enabled: booleanBluetoothが有効になっているかどうかを伝えます。HighByteFirst: boolean2バイトと4バイトの番号を最初に上位(または最上位)バイトで送受信するかどうか。 適切な設定については、アプリが通信するデバイスのドキュメントを確認してください。 これはビッグエンディアンとも呼ばれます。IsAccepting: booleanこのBluetoothServerコンポーネントが着信接続を受け入れているかどうかを伝えます。IsConnected: booleanBluetooth接続が行われたかどうかを伝えます。

イベント

ConnectionAccepted()Bluetooth接続が受け入れられたことを示します。

方法

AcceptConnection(text serviceName)シリアルポートプロファイル(SPP)で着信接続を受け入れます。AcceptConnectionWithUUID(text serviceName, text uuid)特定のUUIDを使用して着信接続を受け入れます。number BytesAvailableToReceive()ブロックせずに受信できるバイト数の推定値を返すDisconnect()接続されているBluetoothデバイスから切断します。number ReceiveSigned1ByteNumber()接続しているBluetooth機器から1バイトの符号付き数字を受信します。number ReceiveSigned2ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから2バイトの符号付き数字を受信します。number ReceiveSigned4ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから4バイトの符号付き数字を受信します。list ReceiveSignedBytes(number numberOfBytes)接続されたBluetoothデバイスから複数の符号付きバイト値を受け取ります。 numberOfBytesが0より小さい場合は、区切りバイト値が受信されるまで読み取ります。text ReceiveText(number numberOfBytes)接続されているBluetoothデバイスからテキストを受信します。 numberOfBytesが0より小さい場合は、区切りバイト値が受信されるまで読み取ります。number ReceiveUnsigned1ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから符号なし1バイト番号を受信します。number ReceiveUnsigned2ByteNumber()接続されているBluetoothデバイスから符号なし2バイト番号を受信します。number ReceiveUnsigned4ByteNumber()接続されたBluetoothデバイスから符号なし4バイト番号を受け取ります。list ReceiveUnsignedBytes(number numberOfBytes)接続されているBluetoothデバイスから複数の符号なしバイト値を受信します。 numberOfBytesが0より小さい場合は、区切りバイト値が受信されるまで読み取ります。Send1ByteNumber(text number)接続しているBluetooth機器に1バイトの数字を送信してください。Send2ByteNumber(text number)接続しているBluetooth機器に2バイトの数字を送信してください。Send4ByteNumber(text number)接続しているBluetooth機器に4バイトの数字を送信してください。SendBytes(list list)接続されているBluetoothデバイスにバイト値のリストを送信します。SendText(text text)接続されているBluetoothデバイスにテキストを送信します。StopAccepting()着信接続を受け付けないようにします。

Web

HTTPのGET、POST、PUT、およびDELETE要求に機能を提供する非表示コンポーネント。

プロパティ

AllowCookies応答からのCookieを保存して後続の要求で使用するかどうか。 クッキーはAndroidバージョン2.3以上でのみサポートされています。RequestHeaders2要素のサブリストのリストとしてのリクエストヘッダー。 各サブリストの最初の要素は、要求ヘッダーフィールド名を表します。 各サブリストの2番目の要素は、要求ヘッダーフィールドの値(単一の値または複数の値を含むリスト)を表します。ResponseFileName応答を保存するファイルの名前。 SaveResponseがtrueでResponseFileNameが空の場合、新しいファイル名が生成されます。SaveResponse応答をファイルに保存するかどうか。UrlWebリクエストのURL。

イベント

GotFile(text url, number responseCode, text responseType, text fileName)要求が終了したことを示すイベント。GotText(text url, number responseCode, text responseType, text responseContent)要求が終了したことを示すイベント。

方法

text BuildRequestData(list list)名前と値のペアを表す2要素のサブリストのリストを、PostTextに渡すのに適したapplication / x-www-form-urlencodedメディアタイプとしてフォーマットされた文字列に変換します。ClearCookies()このWebコンポーネントのすべてのクッキーを消去します。Delete()Urlプロパティを使用してHTTP DELETE要求を実行し、その応答を取得します。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 ResponseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。Get()Urlプロパティを使用してHTTP GETリクエストを実行し、そのレスポンスを取得します。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 ResponseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。text HtmlTextDecode(text htmlText)与えられたHTMLテキスト値をデコードします。 &amp;、&lt;、&gt;、&apos;、&quot;などのHTML文字エンティティ。 &、<、>、 ‘、および “に変更されます。&#xhhhh、&#nnnnなどのエンティティは、適切な文字に変更されます。any JsonTextDecode(text jsonText)指定されたJSONエンコード値をデコードして、対応するAppInventor値を生成します。 JSONリスト[x、y、z]はリスト(xyz)にデコードします。名前Aと値Bを持つJSONオブジェクト(中括弧で囲まれたA:Bと表記)はリスト((AB))にデコードします。これは、2要素のリスト(AB)を含むリストです。PostFile(text path)Urlプロパティと指定されたファイルのデータを使用してHTTP POST要求を実行します。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 ResponseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。PostText(text text)Urlプロパティと指定されたテキストを使用してHTTP POST要求を実行します。 
テキストの文字はUTF-8エンコードを使用してエンコードされています。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 responseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。PostTextWithEncoding(text text, text encoding)Urlプロパティと指定されたテキストを使用してHTTP POST要求を実行します。 
テキストの文字は与えられたエンコーディングを使ってエンコードされます。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 ResponseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。PutFile(text path)Urlプロパティと指定したファイルのデータを使用してHTTP PUT要求を実行します。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 ResponseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。PutText(text text)Urlプロパティと指定されたテキストを使用してHTTP PUTリクエストを実行します。 
テキストの文字はUTF-8エンコードを使用してエンコードされています。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 responseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。PutTextWithEncoding(text text, text encoding)Urlプロパティと指定されたテキストを使用してHTTP PUTリクエストを実行します。 
テキストの文字は与えられたエンコーディングを使ってエンコードされます。 
SaveResponseプロパティがtrueの場合、応答はファイルに保存され、GotFileイベントが発生します。 ResponseFileNameプロパティを使用してファイルの名前を指定できます。 
SaveResponseプロパティがfalseの場合、GotTextイベントが発生します。text UriEncode(text text)指定されたテキスト値をURLで使用できるようにエンコードします。text UriDecode(text text)値がURLエンコードされないように、エンコードされたテキスト値をデコードします。any XMLTextDecode(text XmlText)指定されたXML文字列をデコードしてリスト構造を作成します。 詳細については、App Inventorのドキュメントの「その他のトピック、メモ、および詳細」を参照してください。

レファレンス

目次

CloudDB

インターネットに接続されたデータベースサーバーにデータを保存できる非表示コンポーネント(Redisソフトウェアを使用)。 これにより、アプリのユーザーは互いにデータを共有できます。 デフォルトでは、データはMITが管理するサーバーに保存されますが、独自のサーバーをセットアップして実行できます。 「RedisServer」プロパティと「RedisPort」プロパティを設定して、独自のサーバーにアクセスします。

物性

ProjectIDこのCloudDBプロジェクトのProjectIDを取得します。RedisPort使用するRedisサーバーのポート。 デフォルトは6381RedisServerデータの保存に使用するRedisサーバー。 「DEFAULT」の設定は、MITサーバーが使用されることを意味します。Token (デザイナーのみ)このフィールドには、バックアップされたRedisサーバーへのログインに使用される認証トークンが含まれます。 「DEFAULT」サーバーの場合、この値を編集しないでください。システムが自動的に入力します。 システム管理者は、複数の人の複数のプロジェクト間でデータを共有するために使用できる特別な値を提供することもあります。 独自のRedisサーバーを使用している場合、サーバーの設定でパスワードを設定し、ここに入力します。UseSSL (デザイナーのみ)SSLを使用してCloudDB / Redisサーバーと通信するには、trueに設定します。 これは、「DEFAULT」サーバーに対してTrueに設定する必要があります。

イベント

CloudDBError(text message)CloudDB Redisサーバーとの通信中にエラーが発生したことを示します。DataChanged(text tag, any value)CloudDBプロジェクトのデータが変更されたことを示します。 更新されたタグと値を使用してイベントを起動します。FirstRemoved(any value)「RemoveFirstFromList」関数によってトリガーされるイベント。 引数「値」は、リストの最初にあったオブジェクトであり、現在は削除されています。GotValue(text tag, any value)GetValueリクエストが成功したことを示します。TagList(list value)既知のタグのリストを受信したときにトリガーされるイベント。 「GetTagList」関数とともに使用します。

方法

AppendValueToList(text tag, any itemToAdd)リストの最後に値をアトミックに追加します。 2つのデバイスがこの機能を同時に使用する場合、両方が追加され、データは失われません。ClearTag(text tag)CloudDBからタグを削除しますboolean CloudConnected()ネットワーク上にあり、CloudDBサーバーに接続できる可能性が高い場合はTrueを返します。GetTagList()このアプリケーションのタグのリストを取得します。 完了すると、既知のタグのリストで「TagList」イベントがトリガーされます。GetValue(text tag, any valueIfTagNotThere)GetValueは、指定されたタグの下に保存されている値を取得するようCloudDBに要求します。 タグの下に値が保存されていない場合、valueIfTagNotThereをGotValueに渡します。RemoveFirstFromList(text tag)リストの最初の要素を返し、アトミックに削除します。 2つのデバイスがこの関数を同時に使用する場合、1つは最初の要素を取得し、もう1つは2番目の要素を取得します。利用可能な要素がない場合はエラーになります。 要素が使用可能になると、「FirstRemoved」イベントがトリガーされます。StoreValue(text tag, any valueToStore)指定されたタグの下に指定された値を保存するようCloudDBに要求します。 値が「file:///」または「/ storage /」で始まる場合、CloudDBは値をファイル名として解釈し、指定されたファイルの内容を送信します。 ファイル拡張子は3文字である必要があります(例: “.png”、 “。wav”)。 GotValueまたはDataChangedを介して受信すると、ファイルはデバイスのパブリックストレージに保存され、値には新しい場所が反映されます。

ファイル

ファイルを格納および取得するための非表示コンポーネント。 このコンポーネントを使用して、デバイス上のファイルを読み書きします。 デフォルトの動作では、アプリに関連付けられているプラ​​イベートデータディレクトリにファイルが書き込まれます。 コンパニオンは、デバッグを簡単にするために/ sdcard / AppInventor / dataにファイルを書き込みます。 ファイルパスがスラッシュ(/)で始まる場合、ファイルは/ sdcardを基準にして作成されます。 たとえば、ファイルを/myFile.txtに書き込むと、そのファイルは/sdcard/myFile.txtに書き込まれます。

プロパティ

無し

イベント

AfterFileSaved(text fileName)ファイルの内容が書き込まれたことを示すイベント。GotText(text text)ファイルの内容が読み取られたことを示すイベント。

方法

AppendToFile(text text, text fileName)ファイルの末尾にテキストを追加します。 ファイルが存在しない場合は作成します。 ファイルが書き込まれる場所については、SaveFileの下のヘルプテキストを参照してください。Delete(text fileName)ファイルをストレージから削除します。 SDカード内の特定のファイルを削除するには、ファイル名の前に/を付けます(たとえば、/ myFile.txtはファイル/sdcard/myFile.txtを削除します)。 ファイル名が/で始まっていない場合は、プログラムの専用ストレージにあるファイルが削除されます。 アセットファイルは削除できないため、//でファイルを開始するとエラーになります。ReadFrom(text fileName)ストレージ内のファイルからテキストを読み取ります。 SDカード上の特定のファイルから読み取るには、ファイル名の前に/を付けます(たとえば、/ myFile.txtは/sdcard/myFile.txtファイルを読み取ります)。 アプリケーションに同梱されているアセットを読むには(Companionでも機能します)、ファイル名の先頭に//(2つのスラッシュ)を付けます。 ファイル名がスラッシュで始まっていない場合、それはアプリケーションの専用ストレージ(パッケージ化されたアプリ用)とCompanion用の/ sdcard / AppInventor / dataから読み込まれます。SaveFile(text text, text fileName)テキストをファイルに保存します。 ファイル名がスラッシュ(/)で始まる場合、ファイルはSDカードに書き込まれます(例えば、/ myFile.txtに書き込むと、ファイルは/sdcard/myFile.txtに書き込まれます)。 ファイル名がスラッシュで始まらない場合は、電話の他のプログラムからアクセスできないプログラムのプライベートデータディレクトリに書き込まれます。 AIコンパニオンには、デバッグを容易にするためにこれらのファイルが/ sdcard / AppInventor / dataに書き込まれるという特別な例外があります。 ファイルが既に存在する場合、このブロックはファイルを上書きします。 ファイルにコンテンツを追加したい場合はappendブロックを使用してください。

利用不可

Google Fusion Tablesは2019年12月3日で使用できなくなるので、利用しないことをお勧めします

Google Fusion Tablesと通信する不可視コンポーネント。 Fusion Tablesを使用すると、データテーブルを保存、共有、クエリ、および視覚化できます。 このコンポーネントを使用すると、これらのテーブルを照会、作成、および変更することができます。

このコンポーネントはFusion Tables API V2.0を使用します 。

Fusion Tablesを使用するアプリケーションは、Googleのサーバーで認証する必要があります。 これを行うには2つの方法があります。 最初の方法はあなた(開発者)が入手したAPIキーのみを使用します。 このアプローチでは、エンドユーザーもFusion Tableにアクセスするためにログインする必要があります。

2番目のアプローチはサービス認証を使用することです。 この方法では、資格情報と特別な「サービスアカウントの電子メールアドレス」を作成するので、エンドユーザーはログインしなくてもFusion Tablesを編集できます。 あなたのサービスアカウントはすべてのアクセスを認証します。

FusiontablesControlコンポーネントを使用する

フュージョンテーブルの作成

あなたはおそらくあなたがあなたのアプリケーションを開発しているときに実験するためにあなた自身のFusion Tablesを作成したくなるでしょう。 そのプロセスに精通していれば、これはGoogleドキュメントを作成するのと同じくらい簡単です。 手順は次のとおりです。

  1. ウェブで、Gmailアカウントまたは他のGoogleサービス(ドライブ、YouTubeなど)にログインします。 Googleドライブに移動します。
  2. New ]ボタンをクリックして[ More ]に移動します 。 [Google Fusion Tables]オプションが表示されない場合は、[ 他のアプリ接続 ]を選択し、Googleサービスのページをスクロールして[Fusion Tables]サービスを見つけてGoogleドライブに接続します。
  3. あなたはいくつかの例を見て、そして基本を学ぶためにチュートリアル(例えばPizza Party Tutorial )を通して作業したいかもしれません。
  4. テーブル見る ]ボタン(ページの右上)をクリックします。 これであなたはあなた自身のページに行くでしょう。
  5. あなたはあなた自身のテーブルまたはあなたと共有されているテーブルのリストを見るべきです(おそらく何もありません)。
  6. 作成 ]ボタンを使用して新しいテーブルを作成します。 いくつかの列名を付けて保存します。
  7. テーブルの権限を変更するには、[ 共有 ]ボタン(右上)をクリックします。

Fusiontablesアプリを作成する

FusiontablesControlコンポーネントをデザイナにドラッグするときは、 ApiKeyプロパティを設定することを忘れないでください。これは最初は空白です。 これをGoogle Developers Consoleからコピーしてプロパティフィールドに貼り付ける必要があります。

APIキーを取得するには、以下の手順に従ってください。

  1. Google Developers Consoleにアクセスし、必要に応じてログインしてください。
  2. API&auth ]の下にある左側のメニューから[ API ]項目を選択します 。
  3. 表示されたリストからFusion Tables APIを選択してオンにします。
  4. 左側のバーで、[ 認証情報]項目を選択します。
  5. Public API access ]の下にある[ Create new Key ]をクリックし、[ Android key ]を選択して[ Create ]をクリックしてAPIキーを生成します。

あなたのAPIキーは、「公開APIアクセス」の隣のペインに表示されます。 Fusion TablesアプリのApiKeyプロパティの値としてそのキーを指定する必要があります。

APIキーを取得したら、 Queryプロパティの値を有効なFusiontables SQLクエリに設定し、 SendQueryを呼び出してクエリを実行します。 App InventorはFusion Tablesサーバーにクエリを送信し、サーバーから結果が返されるとGotResultブロックが起動します。 クエリ結果はCSV形式で返され、「csvテーブルからのリスト」または「csv行からのリスト」ブロックを使用してリスト形式に変換できます。

クエリのUTFエンコードについては心配する必要はありません。 しかし、クエリがリファレンスマニュアルで説明されいる構文に従っていることを確認する必要があります。つまり、列名の大文字と小文字の区別などが重要で、スペースがある場合は列名を一重引用符で囲む必要があります。

Fusion Tableにサービス認証を設定するには、次の追加手順に従います。

  1. Google APIコンソールAPIs&authで、左側のメニューからAPI項目を選択します 。
  2. 新しいクライアントIDを作成 ]ボタンをクリックします。 [ サービスアカウント ]オプションを選択して、[ クライアントIDの作成 ]をクリックします 。
  3. KeyFileと呼ばれるファイル(拡張子.p12で終わる)が自動的にあなたのコンピュータにダウンロードされます。 覚えやすい場所に保存してください。 作成が完了すると、サービスアカウント情報を含むテーブルが表示されます。
  4. App Inventorのデザイナウィンドウで、FusionTablesControlを選択します。 プロパティペインで、(コンソールのテーブルから) ServiceAccountEmailを追加し、KeyFileをアップロードして、 UseServiceAuthenticationボックスをオンにします。
  5. フュージョンテーブルをServiceAccountEmailと共有し、他のGoogle Docを電子メールアドレスと共有するのと同じように、編集権限を与えます。

プロパティ

ApiKeyあなたのGoogle APIキー。 APIキーの取得に関する詳細は上記を参照してください。KeyFile秘密鍵ファイルのパスを指定します。 このキーファイルは、サービス認証を通じてFusionTables APIにアクセスするために使用されます。LoadingDialogMessageロードダイアログに表示されるメッセージQueryFusion Tables APIに送信するクエリ。

有効なクエリ形式と例については、 Fusion Tables API v2.0のリファレンスマニュアルを参照してください 。

クエリのUTFエンコードについては心配する必要はありません。 照会が参照マニュアルに記載されている構文に従っていることを確認する必要があります。 列名には大文字を使用する必要があり、列名にスペースがある場合は列名を一重引用符で囲む必要があります。ServiceAccountEmailサービス認証に使用されるサービスアカウントの電子メールアドレス。ShowLoadingDialogロードダイアログを表示するかどうかUseServiceAuthenticationサービスアカウントを認証に使用する必要があるかどうかを示します。

イベント

GotResult(text result)Fusion Tablesクエリが処理を終了し、結果を返したことを示します。 クエリの結果は通常CSV形式で返され、「csvテーブルからのリスト」または「csv行からのリスト」ブロックを使用してリスト形式に変換できます。

方法

DoQuery()廃止予定。 このブロックは2012年末の時点で非推奨です。代わりにSendQueryを使用してください。ForgetLogin()エンドユーザーのログイン認証情報を忘れます。 サービス認証には影響しません。GetRows(text tableId, text columns)指定されたFusion Tableからすべての行を取得します。 tableIdフィールド(必須)はFusion TableのIDです。 columnsフィールドは、取得する列のカンマ区切りのリストです。GetRowsWithConditions(text tableId, text columns, text conditions)特定の条件を満たすFusion Tableからすべての行を取得します。 tableIdフィールド(必須)はFusion TableのIDです。 columnsフィールドは、取得する列のカンマ区切りのリストです。 条件フィールドは、テーブルからどの行を検索するかを指定します(例えば、特定の列値がNULLではない行)。InsertRow(text tableId, text columns, text values)指定したFusion Tableに行を挿入します。 tableIdフィールドは、Fusion TableのIDです。 columnsフィールドは、値を挿入する先の列のコンマ区切りリストです。 valuesフィールドは、各列に挿入する値を指定します。SendQuery()クエリをFusion Tablesサーバーに送信します。

TinyDB

TinyDBは、アプリのデータを保存する非表示コンポーネントです。

App Inventorで作成されたアプリは実行されるたびに初期化されます。 つまり、アプリが変数の値を設定してからユーザーがそのアプリを終了した場合、そのアプリの次回の実行時にその変数の値は記憶されません。 対照的に、TinyDBはアプリの永続的なデータストアです。 TinyDBに保存されたデータは、アプリが実行されるたびに利用可能になります。 例としては、ハイスコアを保存し、ゲームがプレイされるたびにそれを取得するゲームがあります。

データ項目はタグ値で構成されています 。 データ項目を保存するには、データ項目を保存するタグを指定します。 タグはテキストブロックである必要があり、データに名前を付けます。 その後、特定のタグの下に格納されていたデータを取得できます。

TinyDBを使用して電話の2つの異なるアプリケーション間でデータをやり取りすることはできませんが、TinyDBを使用してマルチスクリーンアプリケーションの異なる画面間でデータを共有することはできます。

AI Companionを使用してアプリを開発している場合、そのCompanionを使用しているすべてのアプリは同じTinyDBを共有します。 アプリがパッケージ化されて電話機にインストールされると、その共有は表示されなくなります。 開発中は、新しいアプリで作業を始めるたびにCompanionアプリのデータを消去するように注意する必要があります。

プロパティ

Namespaceデータを格納するための名前空間 同じ名前空間プロパティを持つ同じアプリケーション内のすべてのTinyDBコンポーネントは、同じデータにアクセスします。各ネームスペースは、アプリ全体で共有される単一のデータストアを表します。 アプリ内に同じ名前空間を持つ複数のTinyDBコンポーネントがある場合、それらが異なる画面上にあっても、それらは同じデータストアを使用します。 アプリケーションに必要なデータストアが1つだけの場合は、ネームスペースを定義する必要はありません。

イベント

無し

方法

ClearAll()TinyDBのデータストア全体を消去します。ClearTag(text tag)与えられたタグを持つエントリを消去します。any GetTags()TinyDB内のすべてのタグのリストを返します。any GetValue(text tag, any valueIfTagNotThere)与えられたタグの下に格納されている値を取得します。 そのようなタグがない場合は、valueIfTagNotThereを返します。StoreValue(text tag, any valueToStore)与えられたタグの下に値を格納します。 アプリを再起動しても、ストレージは電話機に残ります。

TinyWebDB

情報を格納および取得するためにWebサービスと通信する不可視コンポーネント。カスタムTinyWebDBサービスの作成を参照してください

プロパティ

ServiceURLコンポーネントが通信するデータベースへのURL。

イベント

GotValue(text tagFromWebDB, any valueFromWebDB)GetValueサーバー要求が成功したことを示します。ValueStored()StoreValueサーバー要求が成功したことを示すイベント。WebServiceError(text message)Webサービスとの通信がエラーを通知したことを示します。

方法

GetValue(text tag)指定されたタグの下に格納されている値を取得するためにWebサービスに要求を送信します。 タグの下に値が格納されていない場合、Webサービスは何を返すかを決定する必要があります。 このコンポーネントは、返されるものをすべて受け入れます。StoreValue(text tag, any valueToStore)指定されたタグの下に指定された値を格納するようにWebサービスに要求を送信します。

レファレンス

目次

連絡先

クリックすると、選択可能な連絡先のリストが表示されるボタン。 ユーザーが選択した後、選択した連絡先に関する情報に次のプロパティが設定されます。

  • ContactName :連絡先の名前
  • EmailAddress :連絡先のメインのメールアドレス
  • EmailAddressList :連絡先のEメールアドレスのリスト
  • ContactUri :デバイス上の連絡先のURI
  • PhoneNumber :連絡先のメインの電話番号(後のAndroid Verisons上)
  • PhoneNumberList :連絡先の電話番号のリスト(後のAndroidバージョン)
  • Picture :連絡先の画像を含むファイルの名前ImageSpriteまたはImageSpriteコンポーネントのPictureプロパティ値として使用できます。

他のプロパティはボタンの外観( TextAlignment 、 BackgroundColorなど)とクリック可能かどうか( Enabled )に影響します。

ContactPickerコンポーネントは、一部の電話機では機能しない可能性があります。 たとえば、システム3.0以前のAndroidシステムでは、電話番号を選択できず、電子メールアドレスのリストに含まれる電子メールは1つだけです。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますContactNameEmailAddressContactUriデバイス上の連絡先の場所を指定するURI。EnabledFontBold (デザイナーのみ)FontItalic (デザイナーのみ)FontSize (デザイナーのみ)FontTypeface (デザイナーのみ)HeightImageボタンの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。PictureShape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。TextTextAlignment (デザイナーのみ)TextColorVisibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

AfterPicking()ピッカーアクティビティが結果を返し、プロパティが入力された後に発生する単純なイベントです。BeforePicking()コンポーネントがクリックされたとき、ピッカーアクティビティが開始される前に発生する単純なイベント。GotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。

方法

Open()ユーザーがクリックしたかのように、ピッカーを開きます。ViewContact(uri)URIを指定して連絡先を表示します。

Email

EmailPickerは一種のテキストボックスです。 ユーザーが連絡先の名前または電子メールアドレスの入力を開始すると、電話は入力を完了する選択肢のドロップダウンメニューを表示します。 多数の連絡先がある場合、ドロップダウンが表示されるまでに数秒かかることがあり、一致の計算中に中間結果が表示されることがあります。

テキストボックスの最初の内容とユーザー入力後の内容はTextプロパティにあります。 Textプロパティが最初は空の場合、 Hintプロパティの内容はテキストボックスにユーザーへのヒントとしてかすかに表示されます。

他のプロパティはテキストボックスの外観( TextAlignment 、 BackgroundColorなど)とそれが使用可能かどうか( Enabled )に影響します。

このようなテキストボックスは通常Buttonコンポーネントで使用され、ユーザーはテキスト入力が完了したときにボタンをクリックします。

方法

RequestFocus()EmailPickerをアクティブにします。

プロパティ

BackgroundColor入力ボックスの背景色。 デザイナまたはブロックエディタで名前を使って色を選択できます。 デフォルトの背景色は ‘default’(3次元陰影)です。Enabledユーザーがこの入力ボックスにテキストを入力できるかどうか デフォルトでは、これは真です。FontBold (デザイナーのみ)テキストのフォントを太字にするかどうか。 デフォルトでは、そうではありません。FontItalic (デザイナーのみ)テキストを斜体で表示するかどうか。 デフォルトでは、そうではありません。FontSizeテキストのフォントサイズ。 デフォルトでは14.0ポイントです。FontTypeface (デザイナーのみ)テキストのフォント 値はDesignerで変更できます。HeightHintユーザーが何を入力すべきかについてのヒントを提供するために入力ボックスにかすかに表示されるべきテキスト。 これは、 Textプロパティが空の場合にのみ表示されます。Text入力ボックス内のテキスト。これは、DesignerまたはBlocks Editorでプログラマが設定することも、ユーザーが入力することもできます( Enabledプロパティがfalseの場合を除く)。TextAlignment (デザイナーのみ)テキストを左揃え、中央揃え、または右揃えにするかどうか。 デフォルトでは、テキストは左揃えになっています。TextColorテキストの色 デザイナまたはブロックエディタで名前を使って色を選択できます。 デフォルトのテキスト色は黒です。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

GotFocus()ユーザーがタッチするなどして、このコンポーネントが入力用に選択されたときに発生するイベント。LostFocus()ユーザーが別のテキストボックスをタッチした場合など、このコンポーネントが入力用に選択されなくなったときに発生するイベント。

方法

無し

電話をかける

PhoneNumberプロパティで指定された番号に電話をかける非表示コンポーネントです。これは、デザイナまたはブロックエディタで設定できます。 このコンポーネントにはMakePhoneCallメソッドがあり、プログラムで電話をかけることができます。

多くの場合、このコンポーネントはContactPickerコンポーネントと共に使用されます。これにより、ユーザーは電話に保存されている連絡先から連絡先を選択し、 PhoneNumberプロパティを連絡先の電話番号に設定できます。

電話番号を直接指定するには(例:650-555-1212)、 PhoneNumberプロパティを指定された桁数のTextに設定します(例: “6505551212”)。 ダッシュ、ドット、および括弧を含めることができます(たとえば、 “(650)-555-1212″)が無視されます。 スペースを含めることはできません。

プロパティ

PhoneNumber

イベント

IncomingCallAnswered(text phoneNumber)電話の着信に応答したことを示すイベント。 phoneNumberは着信電話番号です。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。PhoneCallEnded(number status, text phoneNumber)通話が終了したことを示すイベント。 ステータスが1の場合、着信コールは不在または拒否されます。 statusが2の場合、電話が切れる前に着信に応答します。ステータスが3の場合、発信通話は切断されます。 phoneNumberは、終了コールの電話番号です。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。PhoneCallStarted(number status, text phoneNumber)電話が開始されたことを示すイベント。 状況が1の場合、着信呼び出しは鳴っています。 ステータスが2の場合、発信通話がダイヤルされます。 phoneNumberは、着信または発信の電話番号です。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。

方法

MakePhoneCall()電話をかけるために電話のデフォルトのダイヤラアプリを起動します。MakePhoneCallDirect()PhoneNumberプロパティの番号を使用して電話をかけます。 このブロックは、電話機のデフォルトの電話アプリケーションとして機能する可能性のあるアプリケーションを開発したい上級開発者を対象としています。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。

電話番号選択

クリックすると、連絡先の電話番号のリストが表示されるボタン。 ユーザーが選択した後、選択した連絡先に関する情報に次のプロパティが設定されます。

  • ContactName :連絡先の名前
  • PhoneNumber :連絡先の電話番号
  • EmailAddress :連絡先のメールアドレス
  • Picture :連絡先の画像を含むファイルの名前ImageSpriteまたはImageSpriteコンポーネントのPictureプロパティ値として使用できます。

他のプロパティはボタンの外観( TextAlignment 、 BackgroundColorなど)とクリック可能かどうか( Enabled )に影響します。

PhoneNumberPickerコンポーネントは、すべてのAndroidデバイスで機能するわけではありません。 たとえば、システム3.0より前のAndroidシステムでは、返される電話番号とEメールアドレスのリストは空になります。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますContactNameEmailAddressEnabledFontBold (デザイナーのみ)FontItalic (デザイナーのみ)FontSize (デザイナーのみ)FontTypeface (デザイナーのみ)HeightImageボタンの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。PhoneNumberPictureShape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。TextTextAlignment (デザイナーのみ)TextColorVisibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

AfterPicking()ピッカーアクティビティが結果を返し、プロパティが入力された後に発生する単純なイベントです。BeforePicking()コンポーネントがクリックされたとき、ピッカーアクティビティが開始される前に発生する単純なイベント。GotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。

方法

Open()ユーザーがクリックしたかのように、ピッカーを開きます。

Sharing

共有は、アプリとデバイスにインストールされている他のアプリとの間でファイルやメッセージを共有できるようにする非表示コンポーネントです。 コンポーネントは、提供された情報を処理できるインストール済みアプリのリストを表示し、ユーザーがコンテンツを共有するものを選択できるようにします。たとえば、メールアプリ、ソーシャルネットワークアプリ、テキストメッセージアプリなどです。 
ファイルパスは、CameraやImagePickerなどの他のコンポーネントから直接取得できますが、ストレージから読み取るように直接指定することもできます。 デバイスごとにストレージの扱いが異なることに注意してください。たとえば、 Appinventor/assetsフォルダにAppinventor/assetsというファイルがある場合に試すことがいくつかあります。

  • "file:///sdcard/Appinventor/assets/arrow.gif"
  • "/storage/Appinventor/assets/arrow.gif"

プロパティ

無し

イベント

無し

方法

ShareFile(text file)利用可能なアプリのリストを表示し、そのリストからユーザーが選択できるようにすることで、電話機にインストールされている機能のあるアプリケーションを通してファイルを共有します。 選択したアプリはファイルが挿入された状態で開きます。ShareFileWithMessage(text file, text message)利用可能なアプリのリストを表示し、ユーザーがリストからいずれかを選択できるようにすることで、電話機にインストールされている機能のあるアプリケーションを通じてファイルとメッセージの両方を共有します。 選択したアプリがファイルとメッセージを挿入した状態で開きます。ShareMessage(text message)利用可能なアプリのリストを表示し、そのリストからユーザーが選択できるようにすることで、電話機にインストールされている機能のあるアプリケーションを介してメッセージを共有します。 選択したアプリはメッセージが挿入された状態で開きます。

ショートメッセージ

SendMessageメソッドが呼び出されたときに、 Messageプロパティで指定されたテキストメッセージをPhoneNumberプロパティで指定された電話番号に送信するPhoneNumber 。

ReceivingEnabledプロパティが1に設定されている場合、メッセージは受信されません。 ReceivingEnabledが2に設定されている場合、メッセージはアプリケーションの実行中にのみReceivingEnabledされます。 最後に、 ReceivingEnabledが3に設定されている場合、メッセージはアプリケーションが実行されているときと受信されていないときに受信され、キューに入れられてユーザーに通知が表示されます。

メッセージが到着すると、 MessageReceivedイベントが発生し、送信番号とメッセージを提供します。

このコンポーネントを含むアプリは、バックグラウンドにあるとき(つまり画面に表示されていないとき)でも、さらに、アプリが実行されていない場合でも、電話にインストールされている限り、メッセージを受信します。 アプリが前面に表示されていないときに電話がテキストメッセージを受信した場合、電話は通知バーに通知を表示します。 通知を選択するとアプリが起動します。 アプリ開発者としては、おそらく、ユーザーにReceivingEnabledを制御して電話でテキストメッセージを無視させることができます。

GoogleVoiceEnabledプロパティがtrueの場合、メッセージはGoogle Voiceを使用してWifi経由で送信できます。 このオプションを使用するには、ユーザーがGoogle Voiceアカウントを持っており、モバイルVoiceアプリが電話にインストールされている必要があります。 Google Voiceオプションは、Android 2.0(Eclair)以降をサポートしている電話でのみ機能します。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。

電話番号(650- 555-1212など)を指定するには、 PhoneNumberプロパティを指定された桁数のText文字列(例:6505551212)に設定します。 ダッシュ、ドット、および括弧を含めることができます(例:(650)-555-1212)が、無視されます。 スペースを含めることはできません。

アプリが電話番号を指定するもう1つの方法は、 PhoneNumberPickerコンポーネントを含めることです。これを使用すると、ユーザーは電話の連絡先に保存されている電話番号から電話番号を選択できます。

プロパティ

GoogleVoiceEnabledtrueの場合、SendMessageはGoogle Voiceを使用してWifi経由でメッセージを送信しようとします。 これには、Google VoiceアプリをGoogle Voiceアカウントを使用して電話またはタブレットにインストールして設定する必要があります。 GoogleVoiceEnabledがfalseの場合、このコンポーネントとメッセージを送受信するには、デバイスに電話とテキストメッセージのサービスが必要です。 Google Voiceは米国内でのみ利用可能で、一部の電話ネットワークではサポートされていません。MessageSendMessageメソッドが呼び出されたときに送信されるメッセージ。 標準のSMSメッセージの最大長は通常170です。発音区別符号を使用している言語では、それより短くなることがあります。PhoneNumberSendMessageメソッドが呼び出されたときにメッセージが送信される番号。 番号は指定された桁数のテキスト文字列です(例:6505551212)。 ダッシュ、ドット、および括弧を含めることができます(例:(650)-555-1212)が、無視されます。 スペースは含めないでください。ReceivingEnabled1(オフ)に設定した場合、メッセージは受信されません。 2(FOREGROUND)または3(ALWAYS)に設定されている場合、コンポーネントは実行中の場合はメッセージに応答します。 2(FOREGROUND)の場合、アプリが実行されていない間に受信されたメッセージは破棄されます。 3(常に)の場合、アプリが実行されていない間にmessagess receiveが通知を表示します。 通知を選択するとアプリが起動し、MessageReceivedイベントが発生します。 アプリが休止しているときに受信したメッセージはキューに入れられるため、アプリが起動したときにいくつかのMessageReceivedイベントが表示されることがあります。 アプリ開発者として、このプロパティをユーザーに制御させることをお勧めします。そうすれば、アプリがインストールされたときに、ユーザーが自分の携帯電話にテキストメッセージを無視させることができます。

イベント

MessageReceived(text number, text messageText)テキストメッセージが電話で受信されたときに発生するイベント。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。

方法

SendMessage()メッセージと電話番号が事前に入力されている状態で、電話のデフォルトのテキストメッセージングアプリケーションを起動します。SendMessageDirect()テキストメッセージを送る。 このブロックを使用すると、アプリがGoogle Playストアに送信された場合に追加の承認を必要とする危険な権限が追加されます。

Twitter

Twitterとのコミュニケーションを可能にする見えないコンポーネント。 ユーザーが自分のTwitterアカウントにログインすると(そして、 IsAuthorizedイベントによって承認が成功したことが確認されると)、さらに多くの操作が可能になります。

  • Twitterでツイートやラベルを検索する( SearchTwitter )
  • ツイートを送信する( Tweet )
  • 画像付きツイートの送信( TweetWithImage )
  • 特定のユーザーにメッセージを送信する( DirectMessage )
  • ログインユーザーRequestDirectMessages最新のメッセージを受信する( RequestDirectMessages )
  • 特定のユーザーをFollowする( Follow )
  • 特定のユーザーをフォローするのをStopFollowing ( StopFollowing )
  • ログインユーザーに続くユーザーのリストを取得する( RequestFollowers )
  • 最新のユーザーのメッセージに続いてログインしたユーザーを取得する( RequestFriendTimeline )
  • ログインユーザーの最新の言及を取得する( RequestMentions )

http://twitter.com/oauth_clients/newから、アプリに固有のTwitter認証のためのConsumer KeyおよびConsumer Secretを取得する必要があります。

プロパティ

ConsumerKeyOAuthを介してTwitterで認証するときに使用される消費者キー。ConsumerSecretOAuthを介してTwitterで認証するときに使用される消費者秘密DirectMessagesこのプロパティには、ログインユーザーに言及している最新のメッセージのリストが含まれています。 最初は、リストは空です。 それを設定するために、プログラムは以下を行わなければなりません。

  1. Authorizeメソッドを呼び出します。
  2. Authorizedイベントを待ちます。
  3. RequestDirectMessagesメソッドを呼び出します。
  4. DirectMessagesReceivedイベントを待ちます。

このプロパティの値は、取得されたダイレクトメッセージのリストに設定されます(そしてその後のRequestDirectMessages呼び出しまでその値を維持します)。Followersこのプロパティには、ログインユーザーのフォロワーのリストが含まれています。 最初は、リストは空です。 それを設定するために、プログラムは以下を行わなければなりません。

  1. Authorizeメソッドを呼び出します。
  2. IsAuthorizedイベントを待ちます。
  3. RequestFollowersメソッドを呼び出します。
  4. FollowersReceivedイベントを待ちます。

このプロパティの値は、フォロワーのリストに設定されます(そして、その後のRequestFollowersへの呼び出しまでその値を維持します)。FriendTimelineこのプロパティには、フォローされているユーザーの最新の20件のメッセージが含まれています。 最初は、リストは空です。 それを設定するために、プログラムは以下を行わなければなりません。

  1. Authorizeメソッドを呼び出します。
  2. IsAuthorizedイベントを待ちます。
  3. Followメソッドへの1つ以上の呼び出しでフォローするユーザーを指定します。
  4. RequestFriendTimelineメソッドを呼び出します。
  5. FriendTimelineReceivedイベントを待ちます。

このプロパティの値はメッセージのリストに設定されます(そして、その後のRequestFriendTimelineへの呼び出しまでその値を維持します)。Mentionsこのプロパティにはログインユーザのメンションのリストが含まれています。 最初は、リストは空です。 それを設定するために、プログラムは以下を行わなければなりません

  1. Authorizeメソッドを呼び出します。
  2. IsAuthorizedイベントを待ちます。
  3. RequestMentionsメソッドを呼び出します。
  4. MentionsReceivedイベントを待ちます。

このプロパティの値は、次にメンションのリストに設定されます(そして、その後のRequestMentions呼び出しまでその値を維持します)。SearchResultsこのプロパティは、最初は空ですが、プログラムの実行後に検索結果のリストに設定されます。

  1. SearchTwitterメソッドを呼び出します。
  2. SearchSuccessfulイベントをSearchSuccessfulます。

プロパティの値はSearchSuccessfulのパラメータと同じになります。 SearchTwitter呼び出す前にAuthorizeメソッドを呼び出す必要はありません。Username許可ユーザーのユーザー名。 許可ユーザーがいない場合は空です。

イベント

DirectMessagesReceived(list messages)このイベントは、 RequestDirectMessagesを通じて要求された最近のメッセージが取得されたときに発生します。 メッセージのリストは、messagesパラメータまたはMessagesプロパティにあります。FollowersReceived(list followers2)このイベントは、 RequestFollowersを通じて要求されたログインユーザーのすべてのフォロワーが取得されたときに発生します。 フォロワーのリストは、followersパラメーターまたはFollowersプロパティで見つけることができます。FriendTimelineReceived(list timeline)このイベントは、 RequestFriendTimelineを通じて要求されたメッセージが取得されたときに発生します。 timelineパラメータとTimelineプロパティにはリストのリストが含まれ、各サブリストにはフォームのステータスの更新が含まれます(ユーザー名メッセージ)。IsAuthorized()承認が成功した場合、プログラムがAuthorize呼び出した後にこのイベントが発生します。 すでに有効なアクセストークンがある場合は、 CheckAuthorizedへの呼び出しの後にも呼び出されます。 このイベントが発生した後、このコンポーネントの他のメソッドを呼び出すことができます。MentionsReceived(list mentions)このイベントは、 RequestMentionsを通じて要求されたログインユーザーの言及が取得されたときに発生します。 メンションのリストは、 MentionsパラメータまたはMentionsプロパティにあります。SearchSuccessful(list searchResults)このイベントは、 SearchSuccessfulを介して要求された検索結果が取得されたときに発生します。 結果のリストはresultsパラメータまたはResultsプロパティにあります。

方法

Authorize()まだ認証されていない場合は、OAuthプロトコルを使用してWebブラウザ経由でTwitterにログインするようにユーザーをリダイレクトします。CheckAuthorized()アクセス権があるかどうかを確認し、アクセス権がある場合はIsAuthorizedイベントハンドラを呼び出します。DeAuthorize()この実行中のアプリインスタンスからTwitter認証を削除しますDirectMessage(text user, text message)これにより、指定されたユーザーに直接(プライベート)メッセージが送信されます。 メッセージが160文字を超えると、メッセージは切り捨てられます。

要件 : IsAuthorizedイベントが発生した後にのみ呼び出されます。これは、ユーザーがTwitterに正常にログインしたことを示します。Follow(text user)ユーザーのフォローを開始します。RequestDirectMessages()ログインしているユーザーに送信された最新の20のダイレクトメッセージを要求します。 メッセージが取得されると、システムはDirectMessagesReceivedイベントを発生させ、 DirectMessagesプロパティをメッセージのリストに設定します。

要件 : IsAuthorizedイベントが発生した後にのみ呼び出されます。これは、ユーザーがTwitterに正常にログインしたことを示します。RequestFollowers()あなたをフォローしている人を取得します。RequestFriendTimeline()ユーザーのタイムライン内の最新の20のメッセージを取得します。RequestMentions()ログインユーザーの最新の20の言及を要求します。 言及が取得されると、システムはMentionsReceivedイベントを発生させ、 Mentionsプロパティを言及のリストに設定します。

要件 : IsAuthorizedイベントが発生した後にのみ呼び出されます。これは、ユーザーがTwitterに正常にログインしたことを示します。SearchTwitter(text query)これはTwitterで与えられたStringクエリを検索します。

要件 : IsAuthorizedイベントが発生した後にのみ呼び出されます。これは、ユーザーがTwitterに正常にログインしたことを示します。StopFollowing(text user)ユーザーのフォローを中止します。Tweet(text status)これはログインユーザとして指定されたテキストでツイートを送信します。これは160文字を超えると切り取られます。

要件 : IsAuthorizedイベントが発生した後にのみ呼び出されます。これは、ユーザーがTwitterに正常にログインしたことを示します。TweetWithImage(text status, text imagePath)これは、指定されたテキストとアップロードされる画像へのパスを持つログインユーザとしてツイートを送信します。これは、160文字を超えると切り取られます。 画像が見つからないか無効な場合、更新は送信されません。

要件 : IsAuthorizedイベントが発生した後にのみ呼び出されます。これは、ユーザーがTwitterに正常にログインしたことを示します。

レファレンス

目次

加速度センサー

SIユニット(m / s 2 )を使用して約3次元で揺れを検出し、加速度を測定することができる不可視成分。 コンポーネントは以下のとおりです。

  • xAccel :電話機が平らな面に置かれている場合は0、電話機が右に傾けられている場合(つまり左側が上がっている場合)は正、電話機が左に傾けられている場合(つまり右のサイズが調達)。
  • yAccel :電話機が平らな面に置かれている場合は0、底部が上がっている場合は正、上部が上がっている場合は負です。
  • zAccel :-9.8(ディスプレイが上を向いた状態でデバイスが地面と平行に静止しているときの毎秒メートル毎秒の地球の重力、地面に対して垂直なときは0、下を向いているときは+9.8)。重力の有無にかかわらずそれを加速することによって影響を受けます。

プロパティ

AvailableEnabledLegacyMode (デザイナーのみ)このプロパティを追加したリリースの前は、AccelerometerSensorコンポーネントはAndroidシステムから受信したとおりにセンサー値を直接渡していました。ただし、これらの値はデフォルトで横モードに設定されているタブレットを補正するものではないため、MIT App Inventorプログラマが補正する必要があります。 ただし、補正すると、電話などのポートレートモードのデバイスでは正しくない結果になります。 横モードのタブレットを検出して補正を行います。 しかし、あなたのプロジェクトが既にその変更を補っているのであれば、今度は間違った結果を得るでしょう。 私たちの推奨する解決策はあなたがあなたのプロジェクトを更新することですが、あなたはまた単にこのプロパティを“ true”に設定することもできますそして私たちの補償コードは無効にされます。 注:将来のリリースでこのプロパティが削除される可能性があるため、プロジェクトを更新することをお勧めします。MinimumInterval電話の揺れの間隔(ミリ秒単位)Sensitivity加速度センサーの感度を表す数値です。 選択肢は、1 =弱い、2 =中程度、3 =強いです。XAccelYAccelZAccel

イベント

AccelerationChanged(number xAccel, number yAccel, number zAccel)加速度がX、Y、Z方向に変化したことを示します。Shaking()デバイスが揺れ始めたか、揺れ続けていることを示します。

方法

無し

バーコードスキャナー

バーコードスキャナを使用してバーコードを読み取るためのコンポーネント

プロパティ

Result前回のスキャンのテキスト結果。UseExternalScanner真の場合、App Inventorは「Bar Code Scanner」などの外部スキャンプログラムを探して使用します。

イベント

AfterScan(text result)スキャナーが(テキスト)結果を読み取り、その結果を提供したことを示します

方法

DoScan()カメラを使ってバーコードスキャンを開始します。 スキャンが完了すると、AfterScanイベントが発生します。

タイマー

電話機の内部時計を使用して時刻を表示する不可視コンポーネント。 定期的に設定された間隔でタイマーを起動し、時間の計算、操作、および変換を実行できます。

DatePickerTimePickerなどからの日付と時刻に対する操作は、Clockのメソッドを通じて実行されます。 日付と時刻は、InstantInTimeとDurationとして表されます。

  • インスタント :年、月、DayOfMonth、時間、分、および秒で構成されます。 MakeInstantメソッドを使用してインスタントを作成できます。
  • 期間 :インスタンス間で経過したミリ秒単位の時間。 デュレーションはデュレーション法で取得できます。

インスタンスはデバイスのローカルタイムゾーンにあると見なされます。 それらがミリ秒に、またはミリ秒から変換されるとき、与えられたインスタンスのためのミリ秒はUTC(グリニッジ標準時)で1970年1月1日から計算されます。

Instantをテキストに変換する方法もあります。 許容されるパターンは空の文字列、MM / dd / YYYY HH:mm:ss a、またはMMM d、yyyy HH:mmです。 空の文字列はデフォルトのフォーマットを提供します。これはFormatDateTimeの場合は “MMM d、yyyy HH:mm:ss a”、FormatDateの場合は “MMM d、yyyy”です。 すべての可能なフォーマットを見るためには、 ここを見てください 。

日付と時刻の組み合わせに関するメモ:ある日付の時刻と別の日付の時刻(たとえばDatePickerとTimePicker)を組み合わせるには、部分をテキストとして抽出し、そのテキストを使用して新しいインスタントを作成します。

例:

プロパティ

TimerAlwaysFirestrueの場合、アプリケーションが画面に表示されていなくても起動しますTimerEnabledtrueの場合、タイマーを起動しますTimerIntervalタイマーイベント間の間隔(ミリ秒)

イベント

Timer()タイマーが切れました。

方法

InstantInTime AddDays(InstantInTime instant, number days)引数の数日後の瞬間を返しますInstantInTime AddDuration(InstantInTime instant, Duration duration)引数の直後にある瞬間を返します。 期間はClock.Duration()から取得できます。InstantInTime AddHours(InstantInTime instant, number hours)引数の数時間後に瞬間を返しますInstantInTime AddMinutes(InstantInTime instant, number minutes)引数の数分後に瞬間を返しますInstantInTime AddMonths(InstantInTime instant, number months)引数から数ヶ月後の瞬間を返しますInstantInTime AddSeconds(InstantInTime instant, number seconds)引数の数秒後に瞬間を返しますInstantInTime AddWeeks(InstantInTime instant, number weeks)引数の数週間後の瞬間を返しますInstantInTime AddYears(InstantInTime instant, number years)引数から数年後の瞬間を返しますnumber DayOfMonth(InstantInTime instant)その瞬間からの月の日(1から31)を返しますDuration Duration(InstantInTime start, InstantInTime end)瞬間間の経過時間をミリ秒単位で返します。number DurationToSeconds(Duration duration)期間を秒数に変換します。number DurationToMinutes(Duration duration)期間を分数に変換します。number DurationToHours(Duration duration)期間を時間数に変換します。number DurationToDays(Duration duration)期間を日数に変換します。number DurationToWeeks(Duration duration)期間を週数に変換します。text FormatDate(InstantInTime instant, text pattern)指定されたパターンでインスタントの日付を表すテキストを返しますtext FormatDateTime(InstantInTime instant, text pattern)指定されたパターンでインスタントの日時を表すテキストを返しますtext FormatTime(InstantInTime instant)デバイスのローカルタイムゾーンでの瞬間の時間を表すテキストを返します。number GetMillis(InstantInTime instant)1970年から経過したミリ秒単位の時間をUTC(グリニッジ標準時)で返します。number Hour(InstantInTime instant)瞬間からの日の時(0-23)を返しますInstantInTime MakeInstant(text from)MM / dd / YYYY hh:mm:ssまたはMM / dd / YYYYまたはhh:mmで指定されたインスタントを返します。 テキスト入力の例は “06/22/2015 12:18″です。InstantInTime MakeInstantFromMillis(number millis)1970年からのミリ秒で指定された瞬間をUTCで返します。number Minute(InstantInTime instant)瞬間からの時(0-59)の分を返しますnumber Month(InstantInTime instant)その瞬間からの月(1〜12)を返しますtext MonthName(InstantInTime instant)インスタントから月の名前を返します。例:January、February、March …InstantInTime Now()現在の時刻を携帯の時計から読み取った瞬間を返しますnumber Second(InstantInTime instant)瞬時から分の秒(0-59)を返しますnumber SystemTime()電話の内部時間を返しますnumber Weekday(InstantInTime instant)1(日曜日)から7(土曜日)までの数として表された曜日を返します。text WeekdayName(InstantInTime instant)その瞬間から曜日の名前を返しますnumber Year(InstantInTime instant)その瞬間から年を返します

ジャイロセンサー

毎秒度の単位で3次元で角速度を測定することができる見えないコンポーネント。

機能するには、コンポーネントのEnabledプロパティをTrueに設定し、デバイスにジャイロスコープセンサーを取り付ける必要があります。

プロパティ

Availableジャイロセンサーが使用可能かどうかを示します。Enabled有効にすると、センサーイベントが生成され、 XAngularVelocity 、 YAngularVelocity 、 ZAngularVelocityプロパティには意味のある値が設定されます。XAngularVelocityX軸周りの角速度(1秒あたりの度数)。YAngularVelocityY軸周りの角速度(1秒あたりの度数)。ZAngularVelocityZ軸を中心とした角速度(1秒あたりの度数)。

イベント

GyroscopeChanged(number xAngularVelocity, number yAngularVelocity, number zAngularVelocity, number timestamp)ジャイロセンサーデータが変更されたことを示します。 timestampパラメータは、イベントが発生した時間(ナノ秒単位)です。

方法

無し

位置センサー(GPS)

経度、緯度、高度(デバイスでサポートされている場合)、速度(デバイスでサポートされている場合)、住所などの位置情報を提供する非表示コンポーネント。これは「ジオコーディング」を実行して、特定の住所(必ずしも現在の住所ではない)を緯度( LatitudeFromAddressメソッドを使用)と経度( LongitudeFromAddressメソッドを使用)に変換することもできます。

機能するには、コンポーネントのEnabledプロパティをTrueに設定し、デバイスでワイヤレスネットワークまたはGPS衛星(屋外の場合)を介して位置検出を有効にする必要があります。

アプリの起動時に位置情報がすぐに利用できない場合があります。 場所プロバイダーが検索されて使用されるまで少し待つか、OnLocationChangedイベントを待つ必要があります。

エミュレータはすべてのデバイスのセンサーをエミュレートするわけではありません。 コードは物理デバイス上でテストする必要があります。

プロパティ

Accuracy

LocationSensorは、衛星の品質、携帯電話基地局、およびその他の位置推定に使用されるデータに基づいて、さまざまな信頼度でデバイスを検出できます。 精度値は、センサーの検出位置の周囲のメートル単位の半径です。 この半径内に配置される可能性は68%です。 より正確な位置検出はより小さな正確度数をもたらし、それはアプリがデバイスが実際に配置されている場所により高い信頼性を持つことを可能にします。

精度がわからない場合、戻り値は0.0ですAltitude

利用可能な場合は、Androidデバイスの高度(メートル)。

標高は、 世界測地系84の参照楕円体から測定されます。海抜ではありません。

デバイスが高度を正確に感知するのは難しいことに注意してください。 携帯電話/タブレットで報告された高度は30メートル以上離れて簡単にオフにすることができます。AvailableProvidersGPSやネットワークなど、利用可能なサービスプロバイダのリスト。 この情報はリストとしておよびテキスト形式で提供されます。CurrentAddress

Googleの地図データベースからのAndroidデバイスの実際の住所。

住所は常にプロバイダーから入手できるとは限らず、報告される住所は常に装置が配置されている建物の住所とは限りません。

特定の場所について利用可能な住所情報がGoogleにない場合、これはNo address availableを返します。DistanceInterval

センサーが位置の更新情報の送信に使用する最小距離間隔をメートル単位で決定します。 たとえば、これが50に設定されている場合、センサーは50メートルを通過した後にのみLocationChangedイベントを発生させます。 ただし、センサーは更新が正確に距離間隔で受信されることを保証しません。 たとえば、イベントの発砲に5メートル以上かかることがあります。

このプロパティを使用するときに精度と照合することも役に立ちます。 デバイスが移動しているとき、検出された位置の精度は常に変化しています。Enabledtrueの場合、LocationSensorはGPS、WiFiロケーション、またはデバイスで利用可能な他の手段からロケーション情報を読み取ろうとします。 この設定は、位置情報が実際に利用可能かどうかを制御しません。 デバイスの場所は、デバイス設定で有効または無効にする必要があります。HasAccuracy真の場合、Androidデバイスはその正確性レベルを報告できます。HasAltitude真の場合、Androidデバイスはその高度を報告できます。HasLongitudeLatitudetrueの場合、Androidデバイスは経度と緯度を報告できます。LatitudeAndroid端末の緯度。 これは小数位から小数位5桁で報告されます。 緯度は90(北)から-90(南)の間の値で、0は赤道を表します。LongitudeAndroidデバイスの経度 これは小数位から小数位5桁で報告されます。 経度は180(東)から-180(西)の間の値で、0は主子午線を表します。ProviderLocked

デバイスはサービスプロバイダーを変更しません。

現在のプロバイダが適切な位置情報を提供できない場合、デバイスはサービスプロバイダを切り替えることが可能です。 ProviderLockedはブール値で、true / falseです。 プロバイダが変更されないようにするには、trueに設定します。 必要に応じて自動切り替えを可能にするには、falseに設定します。ProviderName現在のサービスプロバイダ プロバイダーはおそらくGPSかネットワークのどちらかでしょう。TimeInterval

センサーが位置の更新情報の送信に使用する最小間隔をミリ秒単位で決定します。 ただし、位置の更新は電話の位置が実際に変更されたときにのみ受信され、指定された時間間隔の使用は保証されません。 たとえば、30000が時間間隔として使用されている場合、ロケーションの更新は30000ミリ秒より早く起動されることはありませんが、その後いつでも起動される可能性があります。

30000ms(30秒)より小さい値は、ほとんどのデバイスにとって実用的ではありません。 小さい値にするとバッテリーが消耗し、GPSが過負荷になる可能性があります。

イベント

LocationChanged(number latitude, number longitude, number altitude, number speed)新しい場所が検出されたことを示します。 速度はメートル/秒で報告されます。 他の値はそれらのプロパティと一致します。StatusChanged(text provider, text status)プロバイダが失われたときや新しいプロバイダの使用が開始されたときなど、ロケーションプロバイダサービスのステータスが変更されたことを示します。

方法

number LatitudeFromAddress(text locationName)与えられた住所の緯度を導き出しますnumber LongitudeFromAddress(text locationName)与えられた住所の経度を導き出します

NFC

NFC機能を提供するための非表示コンポーネント。 現時点では、このコンポーネントはテキストタグの読み書きのみをサポートしています(デバイスでサポートされている場合)。

テキストタグを読み書きするには、コンポーネントのReadModeプロパティをそれぞれTrueまたはFalseに設定する必要があります。

注:このコンポーネントはApp InventorアプリのScreen1でのみ機能します。

プロパティ

LastMessageReadModeTextToWriteWriteType

イベント

TagRead(text message)新しいタグが検出されたことを示します。 目録で指定されているように、現在これは単なるプレーンテキストタグです。 Compiler.javaを参照してください。TagWritten()TagWrittenのイベント

方法

無し

方位センサー

携帯電話の空間的な向きを判断するには、向きセンサーコンポーネントを使用します。

方位センサーは、次の3つの値を度単位で報告する非表示コンポーネントです。

  • Roll :デバイスが水平のときは0度、デバイスが左側に傾くと90度に増加し、デバイスが右側に傾くと-90度に減少します。
  • ピッチ :デバイスが水平のときは0度、デバイスが傾くと90度まで上が向くように増加し、次にひっくり返すと0度まで減少します。 同様に、デバイスが下に向くように傾けられると、ピッチは−90度まで減少し、それからそれが完全にひっくり返されるにつれて0度まで増加します。
  • 方位角 :デバイスの上部が北を指す場合は0度、東を指す場合は90度、南を指す場合は180度、西を指す場合は270度など。

これらの測定は、装置自体が動いていないことを前提としています。

プロパティ

AvailableAndroidデバイスに方位センサーが存在するかどうかを示します。Enabled設定すると、方向センサーが有効になります。Azimuthデバイスの方位角を返します。Pitchデバイスのピッチ角を返します。Rollデバイスのロール角を返します。Magnitudeデバイスがどれだけ傾いているかを示す0から1の間の数値を返します。 それは装置の表面を転がるボールによって感じられるであろう力の大きさを与える。Angleデバイスが並べられている方向を示す角度を返します。 すなわち、それは装置の表面上を転がるボールによって感じられるであろう力の方向を指示する。

イベント

OrientationChanged(number azimuth, number pitch, number roll)向きが変わったときに呼び出されます。

歩数計

歩数計のように機能するコンポーネント。 それはAccerleromterを介して動きを感知し、一歩踏み出されたかどうかを判断しようとします。 設定可能な歩幅を使用して、移動距離も推定できます。

プロパティ

Distanceおおよその距離はメートルで移動しました。ElapsedTime歩数計が開始されてから経過した時間(ミリ秒)。SimpleSteps歩数計が始まって以来取られる簡単なステップの数。StopDetectionTimeout「停止」状態になるまでのアイドル時間(ステップは検出されない)のミリ秒単位の期間StrideLength平均歩幅をメートル単位で設定します。WalkSteps歩数計が起動してからの歩数。

イベント

SimpleStep(number simpleSteps, number distance)このイベントは、生のステップが検出されたときに実行されます。WalkStep(number walkSteps, number distance)このイベントは、歩行ステップが検出されたときに実行されます。 歩行ステップは、前進運動に関与しているように見えるステップです。

方法

Pause()歩数と距離のカウントを一時停止します。Reset()ステップカウンタ、距離測定、および時間経過をリセットします。Resume()カウントを再開します。Startの同義語です。Save()歩数計の状態を電話機に保存します。 歩数計を使用するアプリの呼び出し間のステップ数と距離の累積を許可します。 アプリごとに保存された状態が異なります。Start()歩数カウントStop()歩数のカウントを停止

近接センサー

デバイスの表示画面に対するオブジェクトの近接度(cm)を測定できるセンサーコンポーネント。 このセンサーは通常、受話器が人の耳にかざされているかどうかを判断するために使用されます。 つまり、オブジェクトからデバイスまでの距離を判断できます。 多くのデバイスはcm単位で絶対距離を返しますが、近距離と遠距離の値のみを返すものもあります。 この場合、センサーは通常、遠距離状態では最大距離値を報告し、近距離状態では小さい値を報告します。 次の値が報告されます。

  • 距離 :オブジェクトからデバイスまでの距離

プロパティ

Availableデバイスに近接センサーがあるかどうかを報告しますEnabled有効になっている場合、デバイスは近接性の変化を監視しますKeepRunningWhenOnPausetrueに設定した場合、アプリが表示されていなくても近接性の変化を検知し続けます。Distanceオブジェクトからデバイスまでの距離を返しますMaximumRangeデバイスのProximitySensorの最大範囲を報告します。

イベント

ProximityChanged(number distance)デバイスからオブジェクトまでの距離(cm)が変わると呼び出されます。

レファレンス

目次

Circleコンポーネントは、緯度と経度で、指定された半径の円をメートル単位で視覚化します。 円の外観は、 FillColor 、 StrokeColor 、 StrokeColorなどのプロパティを使用してカスタマイズできます。

Circleコンポーネントは、ジオフェンシング、ある領域内でのユーザーの存在が他の動作を引き起こすために使用されるメカニズムなどの機能を実装するためにも使用できます。 DistanceToPointメソッドをLocationSensorと組み合わせて使用​​すると、ユーザーの位置が円の内側か外側かを判断できます。 この機能を使用して追加のアクションを起動することができます。

プロパティ

説明 情報ウィンドウに表示される説明を設定または取得します。 ユーザーが円をタップすると情報ウィンドウが表示されます。ドラッグ可能 ユーザーが地図機能をドラッグできるかどうかを設定または取得します。 この機能にアクセスするには、長押しして円を新しい場所にドラッグします。EnableInfobox ユーザーが円をタップしたときのインフォボックスウィンドウの表示を有効または無効にします。塗りつぶしの色 円を塗りつぶすために使用される色を設定または取得します。緯度 円の中心の緯度を度数で設定または取得します。 赤道の北を表す正の値と赤道の南を表す負の値。 緯度と経度を同時に更新するには、 SetLocationメソッドを使用します。経度 円の中心の経度を度数で設定または取得します。 素子午線の東を表す正の値と素子午線の西を表す負の値。 緯度と経度を同時に更新するには、 SetLocationメソッドを使用します。半径 円の半径をメートル単位で設定または取得します。ストロークカラー 円の輪郭を描くのに使う色を設定または取得します。ストローク幅 円の輪郭を描くために使用されるストロークの幅を設定または取得します。タイトル ユーザーが地図機能をクリックしたときに表示される情報ウィンドウに表示されるタイトルを設定または取得します。タイプ 機能の種類を取得します。 Circleの場合、これは常に “Circle”になります。見える コンポーネントを画面に表示するかどうかを設定または取得します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。

イベント

クリックユーザーが円をタップしたときに実行されます。ドラッグドラッグ操作中に実行されます。ロングクリックユーザーが円を長くクリックした後にドラッグした後に実行されます。 このイベントはDraggableがfalseの場合にのみトリガーされることに注意してください。StartDragドラッグ操作が始まる前に実行されます。 これを使用して、たとえば円の現在位置を保存します。StopDragドラッグ操作が完了した後に実行されます。 これを使用して、たとえば円の新しい位置を保存します。

方法

number DistanceToFeature(コンポーネントのmapFeature、ブール重心)円と指定されたmapFeatureの間の距離を計算します。 centroidsが真の場合、計算は2つの特徴の重心間で行われます。 それ以外の場合は、最も近い点に基づいて2つのフィーチャ間の距離が計算されます。 さらに、 centroidsがfalseの場合、円がmapFeature交差するか含まれる場合、このメソッドは0を返します。 エラーが発生した場合、このメソッドは-1を返します。数値DistanceToPoint(数値緯度、数値経度、ブール重心)円と指定された緯度および経度との間の距離を計算します。 centroidsがtrueの場合、距離は円の中心から指定の点までの距離として計算されます。 それ以外の場合は、円周上の最も近い点から指定された点までの距離が計算されます。 さらに、 centroidsがfalseでポイントが円の中にある場合、このメソッドは0を返します。 エラーが発生した場合は-1が返されます。HideInfoboxサークルの情報ボックスが表示されている場合は非表示にします。 それ以外の場合は何もしません。SetLocation(緯度、経度)円の中心を指定の緯度と経度に移動します。 この方法は、緯度と経度を別々に設定するよりも効率的です。ShowInfobox表示されていない場合は、円の情報ボックスを表示します。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。 EnableInfoboxがfalseの場合でも、このメソッドを使用して情報ボックスを表示できます。

FeatureCollection

FeatureCollectionは、1つ以上の地図地物をグループ化したものです。 コレクション内の機能内で発生したイベントも、コレクションコンポーネント内の対応するイベントをトリガーします。 FeatureCollectionsを外部リソースからロードして、マップにコンテンツを入力できます。 GeoJSONは現時点でサポートされている唯一のフォーマットです。

プロパティ

特徴 フィーチャーコレクションに存在するフィーチャーのリストがあれば、それを返します。特長FromGeoJSON GeoJSONコンテンツを含む文字列からフィーチャーコレクションを作成します。 このような文字列のサイズを考えると、Sourceプロパティを使用してアセットまたはWebからフィーチャーコレクションをロードすることをお勧めします。ソース ファイル名やURLなど、機能コレクションのコンテンツのソース。見える コンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。

イベント

FeatureClick(コンポーネント機能)機能がクリックされると、その機能を含む機能コレクション(存在する場合)もFeatureClickイベントを受け取ります。 featureパラメータは、どの子機能がクリックされたかを示します。FeatureDrag(コンポーネント機能)機能がドラッグされると、親コレクションはFeatureDragイベントも受け取ります。 featureパラメータはどの子機能がドラッグされたかを示します。FeatureLongClick(コンポーネント機能)機能がロングクリックされると、親コレクションはFeatureLongClickイベントも受け取ります。 featureパラメータは、どの子機能が長いクリックされたかを示します。FeatureStartDrag(コンポーネント機能)ユーザーが機能のドラッグを開始すると、親コレクションはFeatureStartDragイベントも受け取ります。 featureパラメータはどの子機能がドラッグされたかを示します。FeatureStopDrag(コンポーネント機能)ユーザーが機能のドラッグを停止すると、親コレクションはFeatureStopDragイベントも受け取ります。 featureパラメータはどの子機能がドラッグされたかを示します。GotFeatures(テキストURL、リスト機能)GotFeaturesイベントは、指定されたurlから機能コレクションが正常に読み取られたときに実行されます。 featuresパラメータは、 FeatureFromDescriptionメソッドを使用してコンポーネントに変換できる機能の説明の一覧です。LoadError(テキストURL、リスト機能)LoadErrorイベントは、指定されたurlでフィーチャーコレクション文書を処理中にエラーが発生したときに実行されます。 responseCodeパラメータはHTTPステータスコードを含み、 errorMessageパラメータは詳細なエラーメッセージを含みます。

方法

任意のFeatureFromDescription(リストの説明)提供された説明に基づいて新しいコンポーネントを返します。 誤った形式のデータなど、プロパティにエラーがある場合、メソッドはエラーを説明するテキストを返します。 is-text?使いis-text? 結果がエラーメッセージかどうかをテストするブロック。 エラーかどうか 機能のプロパティは、次の大文字と小文字を区別しないマッピングを使用してApp Inventorのプロパティに変換されます。

  • 説明→説明
  • ドラッグ可能→ドラッグ可能
  • infobox→有効にするインフォボックス
  • 塗りつぶし→塗りつぶし色
  • イメージ→ImageAsset
  • ストローク→StrokeColor
  • ストローク幅→StrokeWidth
  • タイトル→タイトル
  • 見える→見える

LoadFromURL(テキストURL)このメソッドを呼び出して、(ファイルのURLを含む)URLからフィーチャーコレクションのGeoJSON記述をロードします。 成功すると、機能コレクションによって管理されている機能のセットが新しい機能に置き換えられ、LoadFeatureCollectionイベントが実行されます。 エラーが発生した場合は、代わりにErrorLoadingFeatureCollectionイベントが実行されます。

折れ線

LineStringは、Map上に連続した連続した線を描画するためのコンポーネントです。 LineStringに新しい点を追加するには、線から任意のセグメントの中点をドラッグして新しい頂点を追加します。 頂点をクリックして新しい場所にドラッグして、頂点を移動します。 頂点をクリックすると頂点が削除されます。

プロパティ

説明 ユーザーが地図機能をクリックしたときに表示される情報ウィンドウに表示される説明。ドラッグ可能 ユーザーが長押ししてから新しい位置にドラッグすることで線ストリングをドラッグできるかどうかを設定または取得します。EnableInfobox ユーザーが機能をタップしたときのインフォボックスウィンドウの表示を有効または無効にします。ポイント LineString内の緯度と経度のペアとしてのポイントのリスト。PointsFromString LineStringを生成するためのGeoJSONでエンコードされたポイントの文字列。 デザイナでLineStringを編集すると、このプロパティが更新されます。ストロークカラー マップフィーチャーの輪郭を描くために使用されるペイントカラー。ストローク幅 マップフィーチャの輪郭を描くために使用されるストロークの幅。タイトル ユーザーが地図機能をクリックしたときに表示される情報ウィンドウに表示されるタイトル。タイプ 機能の種類を取得します。 LineStringの場合、これは常に “LineString”になります。見える コンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。

イベント

クリックユーザーがラインストリングをタップしたとき、またはラインストリングに非常に近いときに実行されます。ドラッグドラッグ操作中に実行されます。ロングクリックユーザーが線ストリングを長くクリックした後、ドラッグをトリガーしなかった(指定されたしきい値内で)後に実行されます。StartDragユーザーがドラッグ操作を開始した直後で、ドラッグイベントの前に実行されます。StopDragユーザーがドラッグ操作からLineStringを解放した後に実行されます。

方法

number DistanceToFeature(コンポーネントのmapFeature、ブール重心)LineStringと指定されたmapFeature間の距離を計算します。 centroidsが真の場合、計算は2つの特徴の重心間で行われます。 falseの場合、最も近い点に基づいて2つのフィーチャ間の距離が計算されます。 線ストリングがmapFeatureと交差するmapFeature 、このメソッドは0を返します。エラーが発生した場合は-1が返されます。数値DistanceToPoint(数値緯度、数値経度、ブール重心)LineStringと指定されたlatitudelongitude間の距離を計算します。 centroidsがtrueの場合、計算はLineStringの加重中点からその点までの間で行われます。falseの場合、距離はLineString上の最も近い点からその点までの距離として計算されます。 ポイントがLineString上にある場合、このメソッドは0を返します。エラーが発生した場合は-1が返されます。HideInfobox表示されている場合、行文字列の情報ボックスを非表示にします。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。ShowInfobox表示されていない場合、線ストリングの情報ボックスを表示します。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。 EnableInfoboxがfalseの場合でも、このメソッドを使用して情報ボックスを表示できます。

マップ

背景に地図のタイルを描画し、地図上の点を識別するために複数のMarker要素を使用できるようにする2次元のコンテナ。 地図タイルはOpenStreetMapの貢献者と米国地質調査所によって提供されています。

Mapコンポーネントには、App Inventor内でその境界を操作するための3つのユーティリティがあります。 まず、ロックメカニズムにより、マップ上の他のコンポーネントに対してマップを移動できます。 次に、ロックを解除すると、ユーザーはマップを任意の場所に移動できます。 この新しい場所で、[Set Initial Boundary]ボタンを押すと、現在のマップ座標をそのプロパティに保存できます。 最後に、たとえば画面外にマーカーを追加するためにマップを別の場所に移動した場合は、[マップを初期境界にリセット]ボタンを使用して、マップを開始位置に再センタリングできます。

プロパティ

バウンディングボックス 地図の描画ビューの現在の境界を設定または取得します。 値は、現在のビューの北西と南東の座標を((North West) (South East))の形式で含むリストのリストです。CenterFromString 与えられた “緯度、経度”文字列から地図の中心を設定します。 これは主にデザイナからマップの中心を埋めるために使用されます。 マップ中心への変更をアニメートするためのPanToメソッドも参照してください。EnablePan ユーザーがマップを移動する機能を有効または無効にします。EnableRotation 地図を回転させるための2本指回転ジェスチャを有効または無効にします。EnableZoom 地図をズームするための2本指のピンチジェスチャを有効または無効にします。特徴 地図上に存在する地物のリストを設定または取得します。 これを空のリストに設定すると、マップがクリアされます。高さ 地図の高さを設定または取得します。HeightPercent マップの高さを画面のパーセンテージに設定します。緯度 地図の中心の緯度を取得します。 緯度を変更するには、 PanToメソッドを使用します。LocationSensor 組み込みのロケーションプロバイダーではなく、提供されたLocationSensorをユーザーのロケーションデータに使用します。経度 地図の中心の経度を取得します。 経度を変更するには、 PanToメソッドを使用します。MapType マップの背景を描画するために使用されるタイルレイヤーを設定または取得します。 デフォルトは道路です。 有効な値は1(道路)、2(空中線)、または3(地形)です。 道路レイヤはOpenStreetMapによって提供され、航空および地形レイヤはUS Geological Surveyによって提供されます。スケール単位 スケールオーバーレイに使用される単位を設定または取得します。 1(デフォルト)はメートル単位(km、m)を与え、2は帝国単位(mi、ft)を与えます。ShowCompass 地図上にコンパスオーバーレイを表示または非表示にします。 デジタルコンパスがハードウェアに存在する場合、コンパスはデバイスの向きに基づいて回転します。ShowScale 地図上に縮尺オーバーレイを表示または非表示にします。 スケールはズームレベルによって変わり、その単位はScaleUnitsプロパティで制御できます。ShowUser 地図上のユーザーの現在位置を示すアイコンを表示または非表示にします。 この機能の可用性と正確性は、ユーザーが位置情報サービスを有効にしているかどうか、およびどの位置情報プロバイダーが利用可能かによって異なります。ShowZoom ユーザーが地図をズームインまたはズームアウトできるように、Androidのネイティブズームボタンを表示または非表示にします。 これは、2本指でピンチしてズームするジェスチャの代わりに使用できます。UserLatitude ShowUserが有効な場合、ユーザーの緯度を返します。UserLongitude ShowUserが有効な場合、ユーザーの経度を返します。見える 地図が表示されるかどうかを設定または取得します。幅 Mapの幅を設定または取得します。WidthPercent マップの幅を画面のパーセンテージに設定します。ZoomLevel 地図のズームレベルを取得または設定します。 有効値は1〜20です。 すべてのタイルレイヤーがすべての場所で各ズームレベルをサポートするわけではありません。 たとえば、詳細な航空写真は、海の真ん中や極にあるタイルには使用できない可能性があります。 利用可能な詳細なデータの量のために、最も高いズームレベルはおそらく主要な市内中心部で発生するでしょう。

イベント

範囲変更ユーザーがズーム、パン、またはビューの回転によってマップの境界を変更したときに実行されます。DoubleTapAtPoint(数値緯度、数値経度)ユーザーが地図上の地点をダブルタップしたときに実行されます。 latitudelongitudeは、タップ座標の位置を地図座標で示します。 ズームジェスチャが有効になっていて、地図が可能な限り最高のズームレベルになっていない場合、このイベントの後にZoomChangeイベントが続くことがあります。FeatureClick(コンポーネント機能)機能がクリックされると、親マップもFeatureClickイベントを受け取ります。 featureパラメータは、どの子機能がクリックされたかを示します。FeatureDrag(コンポーネント機能)機能がドラッグされると、親マップもFeatureDragイベントを受け取ります。 featureパラメータはどの子機能がドラッグされたかを示します。FeatureLongClick(コンポーネント機能)機能が長クリックされると、親マップもFeatureLongClickイベントを受け取ります。 featureパラメータは、どの子機能が長いクリックされたかを示します。FeatureStartDrag(コンポーネント機能)ユーザーが機能のドラッグを開始すると、親マップもFeatureStartDragイベントを受け取ります。 featureパラメータはどの子機能がドラッグされたかを示します。FeatureStopDrag(コンポーネント機能)ユーザーが機能のドラッグを停止すると、親マップもFeatureStopDragイベントを受け取ります。 featureパラメータはどの子機能がドラッグされたかを示します。GotFeatures(テキストURL、リスト機能)GotFeaturesイベントは、 LoadFromURLへの呼び出しがurlから機能の説明を正常に読み取った後に実行されます。 featuresパラメータは、 FeatureFromDescriptionメソッドを使用してコンポーネントに変換できる機能の説明の一覧です。InvalidPoint(テキストメッセージ)地理データの処理中にプログラムが無効なポイントに遭遇したときに実行されます。 ポイントの緯度または経度が許容範囲(それぞれ[-90、90]および[-180、180])の外側にある場合、ポイントは無効と見なされます。 messageパラメータにエラーの説明が含まれます。LoadError(テキストのURL、数値のレスポンスコード、テキストのerrorMessage)LoadErrorイベントは、指定されたurlで機能コレクション文書を処理するとエラーが発生したときに実行されます。 responseCodeパラメータはHTTPステータスコードを含み、 errorMessageパラメータは詳細なエラーメッセージを含みます。LongPressAtPoint(数値緯度、数値経度)ユーザーが地図上のポイントを長押ししたときに実行されます。 Latitudelongitudeは、マップ座標での長押しの場所を示します。 EnablePanがtrueの場合、このイベントはトリガーされません。代わりに、長押しするとパンイベントが発生します。準備ができて地図が初期化され使用可能になったときに実行されます。TapAtPoint(緯度、経度)ユーザーが地図上の地点をタップしたときに実行されます。 タップされた場所はlatitudelongitudeパラメータを介して地図座標で報告されます。ZoomChangeピンチジェスチャーやダブルタップなどでユーザーがズームレベルを変更したときに実行されます。

方法

コンポーネントCreateMarker(緯度、経度)指定されたlatitudelongitudeで地図上に新しいマーカーを作成します。 マーカーは “any component”ブロックを使って操作できます。任意のFeatureFromDescription(リストの説明)提供された説明に基づいて新しいコンポーネントを返します。 誤った形式のデータなど、プロパティにエラーがある場合、メソッドはエラーを説明するテキストを返します。 is-text?使いis-text? エラーが発生したかどうかをテストするためのブロック。 App Inventorプロパティに変換されたフィーチャプロパティは、次の大文字と小文字を区別しないマッピングを使用します。

  • 説明→説明
  • ドラッグ可能→ドラッグ可能
  • infobox→有効にするインフォボックス
  • 塗りつぶし→塗りつぶし色
  • イメージ→ImageAsset
  • ストローク→StrokeColor
  • ストローク幅→StrokeWidth
  • タイトル→タイトル
  • 見える→見える

LoadFromURL(テキストURL)このメソッドを呼び出して、URL(ファイルURLを含む)から機能コレクションをロードします。 イベントが成功すると、機能の説明がリストとしてGotFeaturesイベントに渡されます。 失敗した場合は、 LoadErrorイベントが実行されます。 現時点では、GeoJSONが唯一サポートされているフォーマットです。PanTo(緯度、経度、ズーム)地図の中心を指定の(Latitude Longitude)パンし、指定のzoomます。 動きはアニメ化されています。保存(テキストパス)マップの内容の説明を指定のパスに保存します。 現在、これはGeoJSONフォーマットを使用している機能のみを保存します。

マーカー

マーカーコンポーネントは、建物や関心のあるポイントなど、マップ上のポイントを示します。 マーカーは、アプリのアセットのカスタム画像を使用したり、マーカーの色を変更したりするなど、さまざまな方法でカスタマイズできます。 マーカーは、 CreateMarkerメソッドを使用して動的に作成し、 “Any Component”ブロックを使用して設定することもできます。

プロパティ

アンカー水平 画像に対するマーカー中心の水平方向のオフセットを設定または取得します。 有効な値は1(左)、2(右)、3(中央)です。アンカー垂直 画像に対するマーカー中心の垂直方向のオフセットを設定または取得します。 有効な値は1(上)、2(中央)、3(下)です。説明 ユーザーがマーカーをタップしたときに表示される情報ウィンドウに表示される説明を設定または取得します。ドラッグ可能 Draggableプロパティは、ユーザーが長押ししてからマーカーを新しい場所にドラッグしてマーカーをドラッグできるかどうかを制御するために使用されます。EnableInfobox ユーザーがマーカーをタップしたときのインフォボックスウィンドウの表示を有効または無効にします。塗りつぶしの色 マーカーの塗りつぶしに使用される色を設定または取得します。 このプロパティは、デフォルトアイコンを含む、ベクター画像アセットを使用するマーカーにのみ適用されます。高さ マーカーの高さをピクセル単位で設定または取得します。HeightPercent マーカーの高さを画面の高さに対するパーセンテージで設定します。ImageAsset マーカーに表示される画像を設定または取得します。 空の文字列""に設定すると、デフォルトのマーカーアイコンが使用されます。緯度 赤道の北を表す正の値と赤道の南を表す負の値を使用して、マーカーの緯度を度数で設定または取得します。 緯度と経度を同時に更新するには、 SetLocationメソッドを使用します。経度 主経線の東を表す正の値と主子午線の西を表す負の値を使用して、マーカーの経度を度数で設定または取得します。 緯度と経度を同時に更新するには、 SetLocationメソッドを使用します。ストロークカラー マーカーの輪郭を描くために使用される色を設定または取得します。ストローク幅 マーカーの輪郭を描くために使用されるストロークの幅を設定または取得します。タイトル ユーザーがマーカーをクリックしたときに表示される情報ウィンドウに表示されるタイトルを設定または取得します。タイプ 機能の種類を取得します。 マーカーの場合、これは常に「マーカー」になります。見える コンポーネントを画面に表示するかどうかを設定または取得します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。幅 マーカーの幅をピクセル単位で設定または取得します。WidthPercent マーカーの幅を画面幅のパーセンテージとして設定します。

イベント

クリックユーザーがマーカーをタップしたときに実行されます。ドラッグユーザーがマーカーをドラッグしている間、継続的に実行されます。ロングクリックユーザーがマーカーを長押ししてもドラッグをトリガーしないときに実行されます。 このイベントはDraggableがfalseの場合にのみ実行されます。StartDragドラッグ操作が始まる前に実行されます。StopDragドラッグ操作が完了した後に実行されます。

方法

number BearingToFeature(コンポーネントのmapFeature、ブール重心)mapFeatureからのmapFeature 、Markerから特定のmapFeatureまでの方位を返します。 centroidsパラメータが正しい場合は、方位はマップフィーチャの中心になります。 それ以外の場合は、方位はマーカー内のフィーチャ内のポイントまで計算されます。数値BearingToPoint(数値緯度、数値経度、ブール重心)真北からの度数で、指定された緯度と経度にマーカーからの方位を返します。number DistanceToFeature(コンポーネントのmapFeature、ブール重心)マーカーと指定されたmapFeature間の距離を計算します。 centroidsが真の場合、計算は2つの特徴の重心間で行われます。 それ以外の場合は、最も近い点に基づいて2つのフィーチャ間の距離が計算されます。 さらに、 centroidsがfalseの場合、マーカーがmapFeature交差するか含まれる場合、このメソッドは0を返します。 エラーが発生した場合、このメソッドは-1を返します。数値DistanceToPoint(数値緯度、数値経度、ブール重心)マーカーと指定された緯度および経度との間の距離を計算します。 centroidsがtrueの場合、距離は円の中心から指定の点までの距離として計算されます。 それ以外の場合は、マーカー上の最も近い点から指定の点までの距離が計算されます。 エラーが発生した場合は-1が返されます。HideInfoboxサークルの情報ボックスが表示されている場合は非表示にします。 それ以外の場合は何もしません。SetLocation(緯度、経度)円の中心を指定の緯度と経度に移動します。 この方法は、緯度と経度を別々に設定するよりも効率的です。ShowInfobox表示されていない場合は、円の情報ボックスを表示します。 それ以外の場合は何もしません。 EnableInfoboxがfalseの場合でも、このメソッドを使用して情報ボックスを表示できます。

多角形

多角形は、地図上の任意の2次元領域を囲みます。 多角形は、キャンパス、市、国などの境界線を描くために使用できます。 多角形は基本三角形として始まります。ポリゴンの中点をエッジから遠ざけるようにドラッグすると、新しい頂点を作成できます。 頂点をクリックすると頂点が削除されますが、最低3つの頂点が常に存在する必要があります。

プロパティ

説明 ユーザーがポリゴンをタップしたときに表示される情報ウィンドウに表示される説明を設定または取得します。ドラッグ可能 ユーザーがポリゴンを長押ししてから新しい場所にドラッグしてドラッグできるかどうかを設定または取得します。EnableInfobox ユーザーがポリゴンをタップしたときのインフォボックスウィンドウの表示を有効または無効にします。塗りつぶしの色 多角形の塗りつぶしに使用される色を設定または取得します。HolePoints 多角形の穴を構成する点のリストを設定または取得します。 ポイントは(Latitude Longitude)ペアとして与えられ、反時計回りに与えられるべきです。HolePointsFromString GeoJSON形式の文字列からホールポイントのリストを設定します。ポイント 多角形を構成する点のリストを設定または取得します。 ポイントは(Latitude Longitude)ペアとして与えられ、時計回りに与えられるべきです。PointsFromString GeoJSON形式の文字列から点のリストを設定します。ストロークカラー 多角形の輪郭を描くために使用される色を設定または取得します。ストローク幅 多角形の輪郭を描くために使用されるストロークの幅を設定または取得します。タイトル ユーザーが地図機能をクリックしたときに表示される情報ウィンドウに表示されるタイトルを設定または取得します。タイプ 機能の種類を取得します。 Polygonでは、これは常に “Polygon”になります。見える コンポーネントを画面に表示するかどうかを設定または取得します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。

イベント

クリックユーザーがポリゴンをタップしたときに実行されます。ドラッグユーザーがポリゴンをドラッグしている間、継続的に実行されます。ロングクリックユーザーがポリゴンをロングクリックしたがドラッグをトリガーしなかったときに実行されます。 このイベントはDraggableがfalseの場合にのみ実行されます。StartDragドラッグ操作が始まる前に実行されます。StopDragドラッグ操作が完了した後に実行されます。

方法

リストCentroid多角形の重心をフォームのリストとして返します(Latitude Longitude) 。number DistanceToFeature(コンポーネントのmapFeature、ブール値のcentroid)多角形と指定されたmapFeatureの間の距離を計算します。 重心が真の場合、計算は2つの特徴の重心間で行われます。 それ以外の場合は、最も近い点に基づいて2つのフィーチャ間の距離が計算されます。 さらに、重心がfalseの場合、このメソッドは、多角形がmapFeatureと交差するか含まれる場合に0を返します。エラーが発生した場合、このメソッドは-1を返します。数値DistanceToPoint(数値緯度、数値経度、ブールセントロイド)多角形と指定された緯度と経度の間の距離を計算します。 重心がtrueの場合、距離は多角形の中心から指定の点までの距離として計算されます。 それ以外の場合は、ポリゴン上の最も近い点から指定の点までの距離が計算されます。 さらに、重心がfalseでポイントがポリゴン内にある場合、このメソッドは0を返します。 エラーが発生した場合は-1が返されます。HideInfoboxポリゴンの情報ボックスが表示されている場合は非表示にします。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。ShowInfobox表示されていない場合は、ポリゴンの情報ボックスを表示します。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。 EnableInfoboxがfalseの場合でも、このメソッドを使用して情報ボックスを表示できます。

長方形

長方形は、北、南、東、および西の境界の緯度と経度が固定された多角形です。 長方形の頂点を移動すると、それに応じて適切なエッジが更新されます。

プロパティ

説明 ユーザーが四角形をタップしたときに表示される情報ウィンドウに表示される説明を設定または取得します。ドラッグ可能 ユーザーが長押ししてから四角形を新しい場所にドラッグすることで、マップフィーチャーをドラッグできるかどうかを設定または取得します。EastLongitude 東の四角形の境界となる経度を設定または取得します。 範囲:[ – 180、180]EnableInfobox ユーザーが四角形をタップしたときのインフォボックスウィンドウの表示を有効または無効にします。塗りつぶしの色 四角形の塗りつぶしに使用される色を設定または取得します。北緯 北の長方形を囲む緯度を度数で設定または取得します。 範囲:[ – 90、90]南緯 南の方形を囲む緯度を度数で設定または取得します。 範囲:[ – 90、90]ストロークカラー 四角形の輪郭を描くのに使う色を設定または取得します。ストローク幅 四角形の輪郭を描くために使用されるストロークの幅を設定または取得します。タイトル ユーザーが四角形をクリックしたときに表示される情報ウィンドウに表示されるタイトルを設定または取得します。タイプ 機能の種類を取得します。 Rectangleの場合、これは常に “Rectangle”になります。見える コンポーネントを画面に表示するかどうかを設定または取得します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。WestLongitude 西側の四角形の境界線を経度で設定または取得します。 範囲:[ – 180、180]

イベント

クリックユーザーが四角形をタップしたときに実行されます。ドラッグユーザーが四角形をドラッグしている間、継続的に実行されます。ロングクリックユーザーが四角形を長押ししてもドラッグをトリガーしない場合に実行されます。 このイベントはDraggableがfalseの場合にのみ実行されます。StartDragドラッグ操作が始まる前に実行されます。StopDragドラッグ操作が完了した後に実行されます。

方法

リスト範囲長方形のバウンディングボックスを((North West) (South East))の形式で返します。リストセンター長方形の中心をフォームのリストとして返します(Latitude Longitude) 。number DistanceToFeature(コンポーネントのmapFeature、ブール重心)Rectangleと指定されたmapFeatureの間の距離を計算します。 重心が真の場合、計算は2つの特徴の重心間で行われます。 それ以外の場合は、最も近い点に基づいて2つのフィーチャ間の距離が計算されます。 さらに、重心がfalseの場合、このメソッドは、矩形がmapFeature交差するか含まれる場合に0を返します。 エラーが発生した場合、このメソッドは-1を返します。数値DistanceToPoint(数値緯度、数値経度、ブール重心)Rectangleと指定された緯度および経度との間の距離を計算します。 重心がtrueの場合、距離は長方形の中心から指定の点までの距離として計算されます。 そうでなければ、距離は長方形上の最も近い点から与えられた点まで計算されます。 さらに、重心がfalseでポイントが矩形内にある場合、このメソッドは0を返します。 エラーが発生した場合は-1が返されます。HideInfobox表示されている場合は、長方形の情報ボックスを非表示にします。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。SetCenter(緯度、経度)長方形の幅と高さを中心から端に向かって維持しようとしながら、指定されたlatitudelongitudeを中心とするように長方形を移動します。ShowInfobox表示されていない場合は、長方形の情報ボックスを表示します。 それ以外の場合、このメソッドは効果がありません。 EnableInfoboxがfalseの場合でも、このメソッドを使用して情報ボックスを表示できます。

レファレンス

目次

ボール

Canvas上に配置してタッチやドラッグに反応したり、他のスプライト( ImageSpriteや他のBall )やキャンバスの端と相互作用したり、そのプロパティ値に従って移動したりできる円形の「スプライト」。

たとえば、 Ballが500ミリ秒(1/2秒)ごとにCanvasの上に4ピクセル移動するようにするには、 Speedプロパティを4 [pixels]に、 Intervalプロパティを500 [ms]に、 Headingプロパティを90に設定します。 [度]、およびEnabledプロパティをTrueます。 これらおよびその他のプロパティはいつでも変更できます。

BallとImageSpriteは、後者は画像ファイルから外観を取得できるのに対し、Ballの外観はPaintColorプロパティとRadiusプロパティを変更することによってのみ変更できることです。

プロパティ

Enabled速度がゼロ以外のときにスプライトを移動するかどうかを制御します。Heading

正のx軸より上の角度でスプライトの方向を返します。 ゼロ度は画面の右側に向いています。 90度は画面の上を向いています。Interval

スプライトの位置が更新される間隔(ミリ秒)。 たとえば、間隔が50で速度が10の場合、スプライトは50ミリ秒ごとに10ピクセル移動します。PaintColorRadiusSpeed

スプライトが移動する速度。 スプライトは間隔ごとにこの多数のピクセルを移動します。Visible

スプライトが表示されている場合はtrueです。X

スプライトの左端の水平座標。スプライトが右に移動するにつれて増加します。Y

スプライトの上部の垂直座標。スプライトが下に移動するにつれて増加します。Z

小さい番号のレイヤーの前に大きい番号のレイヤーを配置して、スプライトを他のスプライトとどのように重ね合わせるか。

イベント

CollidedWith(component other)CollidedWithイベントのハンドラ。2つのスプライトが衝突したときに呼び出されます。 回転されたImageSpriteとの衝突をチェックすることは現在スプライトの回転していない位置に対してチェックすることに注意してください。 したがって、衝突チェックは、回転している幅の狭い、または幅の広いスプライトでは不正確になります。Dragged(number startX, number startY, number prevX, number prevY, number currentX, number currentY)ドラッグイベントのハンドラ。 すべての呼び出しで、開始座標は画面が最初にタッチされた場所であり、「現在の」座標は現在の線分の終点を表します。 特定のドラッグ内での最初の呼び出しでは、「前の」座標は開始座標と同じです。 その後、それらは前の呼び出しからの「現在の」座標です。 MoveToが特に呼び出されない限り、SpriteはDraggedイベントに応じて実際にはどこにも移動しません。EdgeReached(number edge)スプライトが画面の端に達すると呼び出されるイベントハンドラ。 その後、そのエッジでバウンスが呼び出されると、スプライトは到達したエッジからバウンスするように見えます。 ここでのエッジは、北(1)、北東(2)、東(3)、南東(4)、南(-1)、南西(-2)、西(-3)の8つの方向のいずれかを示す整数として表されます。北西(-4)Flung(number x, number y, number speed, number heading, number xvel, number yvel)スプライト上で投球ジェスチャ(クイックスワイプ)が行われたとき:キャンバスの左上を基準とした投球開始位置の(x、y)位置を提供します。 投球の速度(ミリ秒あたりのピクセル数)と進行方向(0〜360度)、および投球のベクトルのx速度成分とy速度成分も表示されます。NoLongerCollidingWith(component other)一対のスプライトが衝突しなくなったことを示すイベント。TouchDown(number x, number y)ユーザーがスプライトに触れ始めたとき(スプライトに指を置いたままにしたとき):キャンバスの左上を基準にした、タッチの(x、y)位置を提供します。TouchUp(number x, number y)ユーザーがスプライトに触れなくなったとき(TouchDownイベントの後に指を離したとき):キャンバスの左上を基準にした、タッチの(x、y)位置を提供します。Touched(number x, number y)ユーザーがスプライトをタッチしてすぐに指を離すと、キャンバスの左上を基準にしたタッチの(x、y)位置が表示されます。

方法

Bounce(number edge)

このスプライトをまるで壁から離れたようにバウンスさせます。 通常のバウンスのために、edge引数はEdgeReachedによって返されるものであるべきです。boolean CollidingWith(component other)このスプライトと渡されたスプライトの間に衝突が登録されているかどうかを示します。MoveIntoBounds()スプライトの一部が範囲外に広がっている場合はスプライトを範囲内に戻します。それ以外の場合は効果がありません。 スプライトが広すぎてキャンバスに収まらない場合は、スプライトの左側とキャンバスの左側が揃います。 スプライトの高さが高すぎてキャンバスに収まらない場合は、スプライトの上面とキャンバスの上面を揃えます。MoveTo(number x, number y)

左上隅が指定されたx座標とy座標になるようにスプライトを移動します。PointInDirection(number x, number y)

座標が(x、y)の点に向くようにスプライトを回転させます。PointTowards(component target)

指定されたターゲットスプライトを指すようにスプライトを回転させます。 新しい見出しは、2つのスプライトの中心点を結ぶ線と平行になります。

キャンバス

描画やスプライトの移動が可能な2次元タッチセンシティブ長方形パネル。

キャンバスのBackgroundColor 、 PaintColor 、 BackgroundImage 、 Width 、およびHeightは、デザイナまたはブロックエディタで設定できます。 WidthHeightさはピクセル単位で測定され、正である必要があります。

キャンバス上の任意の場所は、(X、Y)値のペアとして指定できます。ここで、

  • Xはキャンバスの左端からのピクセル数です
  • Yはキャンバスの上端からのピクセル数です。

キャンバスがいつ、どこでタッチされたか、またはSprite ( ImageSpriteまたはBall )がドラッグされたかを通知するイベントがあります。 点、線、円を描く方法もあります。

プロパティ

BackgroundColorキャンバスの背景色。BackgroundImageキャンバスの背景画像を含むファイルの名前FontSizeキャンバスに描かれたテキストのフォントサイズ。HeightLineWidthキャンバスに描かれた線の幅。PaintColor線が描かれる色TextAlignmentそのコマンドで指定された点を基準にして、DrawText()またはDrawAngle()によって描画されたテキストの配置を決定します。テキストの左側、テキストの中央、またはテキストの右側を指します。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

Dragged(number startX, number startY, number prevX, number prevY, number currentX, number currentY, boolean draggedSprite)ユーザーがある点(prevX、prevY)から別の点(x、y)にドラッグすると。 ペア(startX、startY)はユーザーが最初に画面に触れた場所を示し、 “draggedSprite”はスプライトがドラッグされているかどうかを示します。Flung(number x, number y, number speed, number heading, number xvel, number yvel, boolean flungSprite)キャンバス上で投球ジェスチャー(クイックスワイプ)が行われたとき:キャンバスの左上を基準とした投球の開始の(x、y)位置を提供します。 投球の速度(ミリ秒あたりのピクセル数)と進行方向(0〜360度)、および投球のベクトルのx速度成分とy速度成分も表示されます。 スプライトが投球ジェスチャーの開始点の近くに位置していた場合、値 “flungSprite”はtrueです。TouchDown(number x, number y)ユーザーがキャンバスに触れ始めたとき(キャンバスに指を置いたままにしたとき):キャンバスの左上を基準にした、タッチの(x、y)位置を提供します。TouchUp(number x, number y)ユーザーがキャンバスへのタッチをやめたとき(TouchDownイベントの後に指を離したとき):キャンバスの左上を基準にしたタッチの(x、y)位置を提供します。Touched(number x, number y, boolean touchedSprite)ユーザーがキャンバスに触れた後すぐに指を離すと、キャンバスの左上を基準にしたタッチの(x、y)位置が表示されます。 TouchedSpriteは、同じタッチでスプライトにも触れた場合はtrue、それ以外の場合はfalseです。

方法

Clear()このキャンバスに描かれているものはすべてクリアしますが、背景色や画像はクリアしません。DrawCircle(number x, number y, number r)キャンバス上の指定された座標に、指定された半径で円を(塗りつぶして)描画します。DrawLine(number x1, number y1, number x2, number y2)キャンバス上の指定された座標の間に線を引きます。DrawPoint(number x, number y)キャンバス上の指定された座標に点を描画します。DrawText(text text, number x, number y)FontSizeプロパティとTextAlignmentプロパティの値を使用して、指定した座標を基準にして指定したテキストを描画します。DrawTextAtAngle(text text, number x, number y, number angle)FontSizeプロパティとTextAlignmentプロパティの値を使用して、指定された座標から指定の角度で指定されたテキストを描画します。number GetBackgroundPixelColor(number x, number y)指定した点の色を取得します。 これには背景と描画された点、線、または円が含まれますが、スプライトは含まれません。number GetPixelColor(number x, number y)指定した点の色を取得します。text Save()このCanvasの写真をデバイスの外部ストレージに保存します。 エラーが発生した場合は、ScreenのErrorOccurredイベントが呼び出されます。text SaveAs(text fileName)このCanvasの画像をfileNameという名前のファイルのデバイスの外部ストレージに保存します。 fileNameは、ファイルの種類を決定する.jpg、.jpeg、または.pngのいずれかで終わる必要があります。SetBackgroundPixelColor(number x, number y, number color)指定した点の色を設定します。 これはDrawPointとは異なり、colorの引数があります。

イメージスプライト

Canvas上に配置できる「スプライト」。タッチやドラッグに反応したり、他のスプライト( Ballや他のImageSprite )やキャンバスの端と相互作用したり、そのプロパティ値に従って移動したりできます。 その外観は、そのPictureプロパティで指定された画像の外観です( VisibleプロパティがFalseない限り)。

ImageSprite 、 ImageSpriteが1000ミリ秒(1秒)ごとに10ピクセル左に移動するには、 Speedプロパティを10 [pixels]に、 Intervalプロパティを1000 [ms]に、 Headingプロパティを180 [度]に設定します。そして、 EnabledプロパティをTrueます。 RotatesプロパティがTrueのスプライトは、スプライトのHeadingが変わると画像が回転します。 回転しているスプライトとの衝突をチェックすると、現在スプライトの回転していない位置がチェックされるため、回転している幅の狭い、または幅の狭いスプライトでは衝突チェックが不正確になります。 どのスプライトプロパティもプログラムの制御下でいつでも変更できます。

プロパティ

Enabled速度がゼロ以外のときにスプライトを移動するかどうかを制御します。Heading

正のx軸より上の角度でスプライトの方向を返します。 ゼロ度は画面の右側に向いています。 90度は画面の上を向いています。HeightInterval

スプライトの位置が更新される間隔(ミリ秒)。 たとえば、間隔が50で速度が10の場合、スプライトは50ミリ秒ごとに10ピクセル移動します。Pictureスプライトの外観を決定する絵Rotatestrueの場合、スプライト画像はスプライトの見出しに合わせて回転します。 falseの場合、スプライトの向きが変わってもスプライトの画像は回転しません。 スプライトはその中心点を中心に回転します。Speed

スプライトが移動する速度。 スプライトは間隔ごとにこの多数のピクセルを移動します。Visible

スプライトが表示されている場合はtrueです。WidthX

スプライトの左端の水平座標。スプライトが右に移動するにつれて増加します。Y

スプライトの上部の垂直座標。スプライトが下に移動するにつれて増加します。Z

小さい番号のレイヤーの前に大きい番号のレイヤーを配置して、スプライトを他のスプライトとどのように重ね合わせるか。

イベント

CollidedWith(component other)CollidedWithイベントのハンドラ。2つのスプライトが衝突したときに呼び出されます。 回転されたImageSpriteとの衝突をチェックすることは現在スプライトの回転していない位置に対してチェックすることに注意してください。 したがって、衝突チェックは、回転している幅の狭い、または幅の広いスプライトでは不正確になります。Dragged(number startX, number startY, number prevX, number prevY, number currentX, number currentY)ドラッグイベントのハンドラ。 すべての呼び出しで、開始座標は画面が最初にタッチされた場所であり、「現在の」座標は現在の線分の終点を表します。 特定のドラッグ内での最初の呼び出しでは、「前の」座標は開始座標と同じです。 その後、それらは前の呼び出しからの「現在の」座標です。 MoveToが特に呼び出されない限り、SpriteはDraggedイベントに応じて実際にはどこにも移動しません。EdgeReached(number edge)スプライトが画面の端に達すると呼び出されるイベントハンドラ。 その後、そのエッジでバウンスが呼び出されると、スプライトは到達したエッジからバウンスするように見えます。 ここでのエッジは、北(1)、北東(2)、東(3)、南東(4)、南(-1)、南西(-2)、西(-3)の8つの方向のいずれかを示す整数として表されます。北西(-4)Flung(number x, number y, number speed, number heading, number xvel, number yvel)スプライト上で投球ジェスチャ(クイックスワイプ)が行われたとき:キャンバスの左上を基準とした投球開始位置の(x、y)位置を提供します。 投球の速度(ミリ秒あたりのピクセル数)と進行方向(0〜360度)、および投球のベクトルのx速度成分とy速度成分も表示されます。NoLongerCollidingWith(component other)一対のスプライトが衝突しなくなったことを示すイベント。TouchDown(number x, number y)ユーザーがスプライトに触れ始めたとき(スプライトに指を置いたままにしたとき):キャンバスの左上を基準にした、タッチの(x、y)位置を提供します。TouchUp(number x, number y)ユーザーがスプライトに触れなくなったとき(TouchDownイベントの後に指を離したとき):キャンバスの左上を基準にした、タッチの(x、y)位置を提供します。Touched(number x, number y)ユーザーがスプライトをタッチしてすぐに指を離すと、キャンバスの左上を基準にしたタッチの(x、y)位置が表示されます。

方法

Bounce(number edge)

このスプライトをまるで壁から離れたようにバウンスさせます。 通常のバウンスのために、edge引数はEdgeReachedによって返されるものであるべきです。boolean CollidingWith(component other)このスプライトと渡されたスプライトの間に衝突が登録されているかどうかを示します。MoveIntoBounds()スプライトの一部が範囲外に広がっている場合はスプライトを範囲内に戻します。それ以外の場合は効果がありません。 スプライトが広すぎてキャンバスに収まらない場合は、スプライトの左側とキャンバスの左側が揃います。 スプライトの高さが高すぎてキャンバスに収まらない場合は、スプライトの上面とキャンバスの上面を揃えます。MoveTo(number x, number y)

左上隅が指定されたx座標とy座標になるようにスプライトを移動します。PointInDirection(number x, number y)

座標が(x、y)の点に向くようにスプライトを回転させます。PointTowards(component target)

指定されたターゲットスプライトを指すようにスプライトを回転させます。 新しい見出しは、2つのスプライトの中心点を結ぶ線と平行になります。

レファレンス

目次

ビデオカメラ

デバイスのビデオカメラを使用してビデオを録画するためのコンポーネントです。ビデオが録画された後、クリップを含む携帯電話上のファイルの名前をAfterRecordingイベントの引数として使用できます。 ファイル名は、たとえばVideoPlayerコンポーネントのsourceプロパティを設定するために使用できます。

プロパティ

無し

イベント

AfterRecording(text clip)ビデオがカメラで録画されたことを示し、保存されている画像へのパスを提供します。

方法

RecordVideo()ビデオを録画し、その後AfterRecodingイベントを発生させます。

カメラ

カメラコンポーネントを使って電話で写真を撮ります。

カメラは、デバイスのカメラを使って写真を撮る非表示コンポーネントです。 写真が撮影された後、写真を含む電話のファイルへのパスは、AfterPictureイベントへの引数として使用できます。 パスは、たとえば、ImageコンポーネントのPictureプロパティとして使用できます。

プロパティ

無し

方法

TakePicture()写真を撮ることができるように携帯電話のカメラを開きます。

イベント

AfterPicture(Text image)写真が撮影された後に呼び出されます。 テキスト引数imageは、電話で画像を見つけるために使用できるパスです。

画像選択

専用ボタン ユーザーが画像ピッカーをタップすると、デバイスの画像ギャラリーが表示され、ユーザーは画像を選択できます。 画像がSelectedされると保存され、 Selectedプロパティは画像が保存されているファイルの名前になります。 ストレージをいっぱいにしないために、最大10枚の画像が保存されます。 より多くの画像を選択すると、古いものから新しいものの順に前の画像が削除されます。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますEnabledFontBold (デザイナーのみ)FontItalic (デザイナーのみ)FontSize (デザイナーのみ)FontTypeface (デザイナーのみ)HeightImageボタンの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。Selection選択された画像を含むファイルへのパス。Shape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。TextTextAlignment (デザイナーのみ)TextColorVisibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

AfterPicking()ピッカーアクティビティが結果を返し、プロパティが入力された後に発生する単純なイベントです。BeforePicking()コンポーネントがクリックされたとき、ピッカーアクティビティが開始される前に発生する単純なイベント。GotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。

方法

Open()ユーザーがクリックしたかのように、ピッカーを開きます。

Player

オーディオを再生し、電話の振動を制御するマルチメディアコンポーネント。 マルチメディアフィールドの名前はSourceプロパティで指定します。これはDesignerまたはBlocks Editorで設定できます。 振動の時間の長さは、ブロックエディタでミリ秒(1000分の1秒)単位で指定されます。

サポートされているオーディオフォーマットについては、 Android Supported Media Formatsを参照してください。

このコンポーネントは曲などの長いサウンドファイルに最適ですが、 Soundコンポーネントはサウンドエフェクトなどの短いファイルにはより効率的です。

プロパティ

IsPlayingメディアが再生されているかどうかを報告しますLooptrueの場合、プレイヤーはプレイするときにループします。 プレーヤーのプレイ中にループを設定すると、現在のプレイに影響します。PlayOnlyInForegroundtrueの場合、プレイヤーは現在の画面を離れると再生を一時停止します。 false(既定のオプション)の場合、現在の画面が表示されているかどうかにかかわらず、プレーヤーは再生を続けます。SourceVolume音量を0から100の間の数値に設定します

イベント

Completed()メディアが終わりに達したことを示しますOtherPlayerStarted()このイベントは、他のプレイヤーが開始したとき(そして現在のプレイヤーが再生中または一時停止中で、停止していないとき)に通知されます。

方法

Pause()メディアが再生中の場合は再生を中断します。Start()メディアを再生します。 一時停止されていた場合は、演奏が再開されます。 それが以前に停止していた場合は、最初から始まります。Stop()メディアの再生を停止して、曲の先頭までシークします。Vibrate(number milliseconds)指定されたミリ秒数の間振動します。

サウンドファイルを再生し、必要に応じてブロックエディタで指定されたミリ秒数(1000分の1秒)の間振動するマルチメディアコンポーネント。 再生するサウンドファイルの名前は、デザイナまたはブロックエディタで指定できます。

サポートされているサウンドファイル形式については、 Android Supported Media Formatsを参照してください。

このSoundコンポーネントは効果音などの短いサウンドファイルに最適ですが、 Playerコンポーネントは曲などの長いサウンドにはより効率的です。

プロパティ

MinimumIntervalサウンド間の最小間隔(ミリ秒)。 サウンドを再生すると、それ以降のすべてのPlay()呼び出しは間隔が経過するまで無視されます。Sourceサウンドファイルの名前。 特定のフォーマットのみがサポートされています。 http://developer.android.com/guide/appendix/media-formats.htmlを参照してください。

イベント

無し

方法

Pause()再生中の場合は一時停止します。Play()音を鳴らします。Resume()一時停止後にサウンドの再生を再開します。Stop()再生中の場合は再生を停止します。Vibrate(number millisecs)指定されたミリ秒数の間振動します。

サウンドレコーダー

サウンドレコーダーコンポーネントの図

音声を録音するマルチメディアコンポーネント。

プロパティ

SavedRecording記録を保存するファイルへのパスを指定します。 このプロパティが空の文字列の場合は、録音を開始すると適切な場所にファイルが作成されます。 プロパティが空の文字列でない場合は、拡張子が.3gpのファイル名を含む、既存のディレクトリ内のファイルへの完全パスを指定する必要があります。

イベント

AfterSoundRecorded(text sound)新しく作成されたサウンドの場所を提供します。StartedRecording()レコーダーが起動していて停止できることを示します。StoppedRecording()レコーダーが停止していて、再起動できることを示します。

方法

Start ()録音を開始します。Stop ()録音を停止します。

音声認識

音声認識コンポーネントの画像

音声認識コンポーネントを使用して、ユーザーの発話を聞き、Androidの音声認識機能を使用して音声をテキストに変換します。

プロパティ

Result認識機能によって生成された最後のテキスト。

方法

GetText()ユーザーに話すように要求し、そのスピーチをテキストに変換します。 結果が利用可能になったときにAfterGettingTextイベントをAfterGettingTextます。

イベント

AfterGetting(Text result)認識機能がテキストを生成した後に通知されます。 引数は生成されたテキスト結果です。BeforeGettingText()認識機能が呼び出される直前に通知されます。

テキスト音声化

TestToSpeechコンポーネントは、与えられたテキストを声に出して話します。 ピッチと発話速度を設定できます。

言語コードを指定して言語を設定することもできます。 これは実際の話されている言語ではなく、単語の発音を変えます。 たとえば、言語をフランス語に設定して英語のテキストを話すと、フランス語のアクセントを付けて英語(en)を話すように聞こえます。

国コードを指定して国を指定することもできます。 これは発音に影響を与える可能性があります。 たとえば、イギリス英語(GBR)はアメリカ英語(USA)とは異なるように聞こえます。 すべての国コードがすべての言語に影響を与えるわけではありません。

使用可能な言語と国は特定のデバイスによって異なり、AvailableLanguagesプロパティとAvailableCountriesプロパティで一覧表示できます。

プロパティ

AvailableCountriesTextToSpeechで使用するためにこのデバイスで利用可能な国別コードのリスト。 サポートされている言語のAndroid開発者向けドキュメントでこれらの略語の意味を確認してください。AvailableLanguagesTextToSpeechで使用するためにこのデバイスで利用可能な言語のリスト。 サポートされている言語のAndroid開発者向けドキュメントでこれらの略語の意味を確認してください。Country音声生成に使用する国別コード。 これは発音に影響を与える可能性があります。 たとえば、イギリス英語(GBR)はアメリカ英語(USA)とは異なるように聞こえます。 すべての国コードがすべての言語に影響を与えるわけではありません。LanguageTextToSpeechの言語を設定します。 実際の言葉ではなく、言葉の発音の仕方が変わります。 たとえば、言語をフランス語に設定し、英語のテキストを話すと、フランス語のアクセントで英語を話す人のように聞こえます。PitchTextToSpeechのピッチを設定します。 値は0から2の間でなければなりません。低い値は合成音声のトーンを下げ、大きい値はそれを上げます。ResultSpeechRateTextToSpeechのSpeechRateを設定します。 値は0から2の間でなければなりません。低い値はピッチを遅くし、大きい値はピッチを速くします。

イベント

AfterSpeaking(boolean result)メッセージが話された後に発生するイベント。BeforeSpeaking()メッセージが話される前に、Speakが呼び出されたときに発生するイベント。

方法

Speak(text message)与えられたメッセージを話す。

ビデオ再生

ビデオを再生できるマルチメディアコンポーネント。 アプリケーションが実行されると、VideoPlayerは画面上に長方形として表示されます。 ユーザーが四角形に触れると、コントロールはビデオ内で再生/一時停止、前方にスキップ、後方にスキップするように見えます。 アプリケーションは、 Start 、 Pause 、およびSeekToメソッドを呼び出して動作を制御することもできます。

ビデオファイルは3GPP(.3gp)またはMPEG-4(.mp4)形式でなければなりません。 合法的なフォーマットの詳細については、 Android Supported Media Formatsを参照してください。

Android用App Inventorでは、1 MB未満のビデオファイルしか許可されず、アプリケーションの合計サイズは5 MBに制限されています。メディア(ビデオ、オーディオ、およびサウンド)ファイルに使用できるのはすべてです。 メディアファイルが大きすぎると、アプリケーションのパッケージ化またはインストール時にエラーが発生する可能性があります。その場合は、メディアファイルの数またはサイズを減らす必要があります。 WindowsムービーメーカーやApple iMovieなどのほとんどのビデオ編集ソフトウェアは、ビデオを短くしたり、ビデオをよりコンパクトな形式に再エンコードしたりすることで、ビデオのサイズを縮小するのに役立ちます。

メディアソースをストリーミングビデオを指すURLに設定することもできますが、URLはビデオを再生するプログラムではなくビデオファイル自体を指す必要があります。

プロパティ

FullScreenHeightSource動画への「パス」。 通常、これはビデオファイルの名前になり、Designerに追加する必要があります。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Volume音量を0から100の間の数値に設定します。0より小さい値は0として扱われ、100より大きい値は100として扱われます。Width

イベント

Completed()ビデオが終わりに達したことを示します

方法

number GetDuration()動画の長さをミリ秒単位で返します。Pause()ビデオの再生を一時停止します。 Startメソッドを呼び出して、同じ場所で再生を再開できます。SeekTo(number ms)動画で要求された時間(ミリ秒単位)をシークします。 ビデオが一時停止している場合、表示されているフレームはシークによって更新されません。 プレーヤーはビデオのキーフレームにしかジャンプできないため、短い間隔で異なる時間を求めても、実際には異なるフレームに移動しない場合があります。Start()ビデオの再生を開始します。

Yandex翻訳

このコンポーネントを使用して、異なる言語間で単語や文を翻訳します。 このコンポーネントはYandex.Translateサービスへの翻訳を要求するので、インターネットにアクセスする必要があります。 2文字の言語コードを使用して、source-targetの形式でソース言語とターゲット言語を指定します。 そのため、 “en-es”は英語からスペイン語に、 “es-ru”はスペイン語からロシア語に翻訳されます。 原言語を省略した場合、サービスは原言語の検出を試みます。 したがって、「es」だけを指定すると、ソース言語を検出してスペイン語に翻訳しようとします。

このコンポーネントはYandexの翻訳サービスを利用しています。 利用可能な言語のリスト、言語コードとステータスコードの意味など、詳細についてはhttp://api.yandex.com/translate/を参照してください。

注:翻訳はバックグラウンドで非同期に行われます。 翻訳が完了すると、 “GotTranslation”イベントが発生します。

プロパティ

無し

イベント

GotTranslation(text responseCode, text translation)Yandex.Translateサービスが翻訳テキストを返したときに発生するイベントです。 このイベントはエラー処理のためのレスポンスコードも提供します。responseCodeが200ではない場合、コールで何か問題が発生したため、翻訳は利用できません。

方法

RequestTranslation(text languageToTranslateTo, text textToTranslate)翻訳先の言語(スペイン語の場合は ‘es’、英語の場合は ‘en’、ロシア語の場合は ‘ru’)、翻訳する単語または文を指定することで、このメソッドはYandexへの翻訳を要求します。翻訳サービス テキストが外部サービスによって翻訳されると、イベントGotTranslationが実行されます。 注:Yandex.Translateは原言語の検出を試みます。 言語翻訳の前に追加することもできます。 すなわち、es-ruはスペイン語からロシア語への翻訳を指定します。

レファレンス

目次

横並び

水平配置コンポーネントを使用して、左から右にレイアウトされたコンポーネントのグループを表示します。

このコンポーネントは、左から右に表示されるコンポーネントを配置するフォーマット要素です。 コンポーネントを重ねて表示したい場合は、代わりにVerticalArrangement使用してください。

Horizo​​ntalArrangementでは、コンポーネントは水平軸に沿って配置され、垂直方向に中央揃えになります。

Horizo​​ntalArrangementのHeightプロパティがAutomaticに設定されている場合、実際の配置の高さは、HeightプロパティがFill Parentに設定されていない配置内の最も高いコンポーネントによって決定されます。 Horizo​​ntalArrangmentのHeightプロパティがAutomaticに設定されていて、そのHeightプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントのみが含まれている場合、実際の配置の高さはコンポーネントの自動高さを使用して計算されます。 Horizo​​ntalArrangementのHeightプロパティがAutomaticに設定されていて、それが空の場合、高さは100になります。

Horizo​​ntalArrangementのWidthプロパティがAutomaticに設定されている場合、実際の配置の幅はコンポーネントの幅の合計によって決まります。 Horizo​​ntalArrangementのWidthプロパティがAutomaticに設定されている場合、WidthプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントは、自動に設定されているかのように動作します。

Horizo​​ntalArrangementのWidthプロパティがFill Parentに設定されているかピクセル単位で指定されている場合、WidthプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントは、他のコンポーネントによって占有されていない幅を等しく占有します。

プロパティ

AlignHorizontal配置の内容を水平方向に揃える方法をエンコードする数値です。 選択肢は、1 =左寄せ、2 =右寄せ、3 =水平方向の中央揃えです。 配置の幅が自動の場合、配置は効果がありません。AlignVertical配置の内容を垂直方向に揃える方法をエンコードする数値。 選択肢は次のとおりです。1 =一番上に配置、2 =一番下に配置、3 =垂直方向の中央揃え。 配置の高さが自動の場合、配置は効果がありません。BackgroundColorこのコンポーネントの背景色Imageこのコンポーネントの背景画像Visibletrueの場合、コンポーネントとその内容は表示されます。Height水平配置の高さ(yサイズ)。Width水平配置幅(xサイズ)。

横並びスクロール

左から右に表示されるコンポーネントを配置するフォーマット要素。 コンポーネントを重ねて表示したい場合は、代わりにVerticalArrangement使用してください。

このバージョンはスクロール可能です。

プロパティ

AlignHorizontal配置の内容を水平方向に揃える方法をエンコードする数値です。 選択肢は、1 =左寄せ、2 =右寄せ、3 =水平方向の中央揃えです。 配置の幅が自動の場合、配置は効果がありません。AlignVertical配置の内容を垂直方向に揃える方法をエンコードする数値。 選択肢は次のとおりです。1 =一番上に配置、2 =一番下に配置、3 =垂直方向の中央揃え。 配置の高さが自動の場合、配置は効果がありません。BackgroundColorコンポーネントの背景色を返しますHeightHeightPercentImageコンポーネントの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。WidthWidthPercent

テーブル配置コンポーネントを使用して、コンポーネントのグループを表形式で表示します。

このコンポーネントは、表形式で表示されるべきコンポーネントを配置するフォーマット要素です。

TableArrangementでは、コンポーネントは行と列のグリッドに配置され、各セルに表示されるコンポーネントは複数にはなりません。 複数のコンポーネントが同じセルを占める場合、最後のコンポーネントだけが表示されます。

各行内で、コンポーネントは垂直方向に中央揃えになっています。

列の幅は、その列の最も広いコンポーネントによって決まります。 列幅を計算するとき、WidthプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントには自動幅が使用されます。 ただし、各コンポーネントは常に、それが占める列の全幅を埋めます。

行の高さは、HeightプロパティがFill Parentに設定されていない、その行の最も高いコンポーネントによって決まります。 行にHeightプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントのみが含まれている場合、行の高さはコンポーネントの自動高さを使用して計算されます。

プロパティ

Visibletrueの場合、コンポーネントとその内容は表示されます。Rows (number-of-rows)テーブル内の行数。Columns (number-of-columns)テーブル内の列数。Heightテーブル配置の高さ(yサイズ)。Widthテーブル配置幅(xサイズ)。

縦並び

垂直配置コンポーネントを使用して、上から下にレイアウトされたコンポーネントのグループを左揃えで表示します。

このコンポーネントは、表示するコンポーネントを上下に配置するためのフォーマット要素です。 最初の子コンポーネントは一番上に格納され、2番目の子コンポーネントはその下に格納されます。 コンポーネントを並べて表示したい場合は、代わりにHorizontalArrangement使用してください。

VerticalArrangementでは、コンポーネントは垂直軸に沿って左揃えで配置されます。

VerticalArrangementのWidthプロパティがAutomaticに設定されている場合、実際のアレンジメントの幅は、WidthプロパティがFill Parentに設定されていないアレンジメントの最も広いコンポーネントによって決定されます。 VerticalArrangementのWidthプロパティがAutomaticに設定されており、WidthプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントのみが含まれている場合、実際の配置の幅はコンポーネントの自動幅を使用して計算されます。 VerticalArrangementのWidthプロパティがAutomaticに設定されていて、それが空の場合、幅は100になります。

VerticalArrangementのHeightプロパティがAutomaticに設定されている場合、実際の配置の高さはコンポーネントの高さの合計によって決まります。VerticalArrangementのHeightプロパティがAutomaticに設定されている場合、HeightプロパティがFill Parentに設定されているすべてのコンポーネントは、あたかもAutomaticに設定されているかのように動作します。VerticalArrangementのHeightプロパティがFill Parentに設定されているかピクセル単位で指定されている場合、HeightプロパティがFill Parentに設定されているコンポーネントは、他のコンポーネントによって占められていない高さも同様に占めます。

プロパティ

AlignHorizontal配置の内容を水平方向に揃える方法をエンコードする数値です。 選択肢は、1 =左寄せ、2 =水平方向の中央揃え、3 =右寄せです。 配置の幅が自動の場合、配置は効果がありません。AlignVertical配置の内容を垂直方向に揃える方法をエンコードする数値。 選択肢は次のとおりです。1 =上揃え、2 =垂直方向の中央揃え、3 =下揃え。 配置の高さが自動の場合、配置は効果がありません。BackgroundColorこのコンポーネントの背景色Imageこのコンポーネントの背景画像Visibletrueの場合、コンポーネントとその内容は表示されます。Height垂直配置の高さ(yサイズ)。Width縦配置幅(xサイズ)。

縦並びスクロール

上下に表示されるコンポーネントを配置するためのフォーマット要素。 (最初の子コンポーネントは上に、2番目の子コンポーネントはその下に格納されます。)コンポーネントを並べて表示する場合は、代わりにHorizontalArrangement使用します。

このバージョンはスクロール可能です

プロパティ

AlignHorizontal配置の内容を水平方向に揃える方法をエンコードする数値です。 選択肢は、1 =左寄せ、2 =右寄せ、3 =水平方向の中央揃えです。 配置の幅が自動の場合、配置は効果がありません。AlignVertical配置の内容を垂直方向に揃える方法をエンコードする数値。 選択肢は次のとおりです。1 =一番上に配置、2 =一番下に配置、3 =垂直方向の中央揃え。 配置の高さが自動の場合、配置は効果がありません。BackgroundColorコンポーネントの背景色を返しますHeightHeightPercentImageコンポーネントの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。WidthWidthPercent

レファレンス

目次

ボタン

クリックを検出する機能を持つボタン。 外観の多くの側面は変更可能で、クリック可能( Enabled )かどうかはデザイナまたはブロックエディタで変更できます。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますEnabled設定されている場合、ユーザーはチェックボックスをタップしてアクションを起こすことができます。FontBold設定した場合、ボタンのテキストは太字で表示されます。FontItalic設定すると、ボタンのテキストは斜体で表示されます。FontSizeボタンテキストのポイントサイズ。FontTypeface (デザイナーのみ)ボタンテキストのフォントファミリ。Heightボタンの高さ(yサイズ)Imageボタンに表示する画像Shape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。Textボタンに表示するテキストTextAlignment (デザイナーのみ)左、中央、または右TextColorボタンのテキストの色Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Widthボタンの幅(xサイズ)

イベント

Click()ユーザーがボタンをタップして放した。GotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LongClick()ユーザーがボタンを押し続けました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。TouchDown()ボタンが押されたことを示します。TouchUp()ボタンが離されたことを示します。

チェックボックス

チェックボックスコンポーネントはユーザーのタップを検出し、それに応じてブール状態を変更できます。

チェックボックスコンポーネントは、ユーザーがタップするとイベントを発生させます。 外観に影響を与える多くのプロパティがあり、それらはDesignerまたはBlocks Editorで設定できます。

プロパティ

BackgroundColorチェックボックスの背景色。Checkedボックスがチェックされていれば真、そうでなければ偽。Enabled設定されている場合、ユーザーはチェックボックスをタップしてアクションを起こすことができます。Heightチェックボックスの高さ(yサイズ)Widthチェックボックスの幅(xサイズ)Textチェックボックスに表示するテキスト。TextColorチェックボックスのテキストの色。Visible設定すると、チェックボックスが表示されます。

イベント

Click()ユーザーがチェックボックスをタップして放した。GotFocus()チェックボックスがフォーカスされたコンポーネントになりました。LostFocus()チェックボックスはフォーカスされたコンポーネントではなくなりました。

デートピッカー

クリックすると、ポップアップダイアログを起動してユーザーが日付を選択できるようにするボタン。

注:日時はClockコンポーネントのメソッドを使用して操作されます。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますDayDatePickerを使用して最後に選択された月の日Enabled設定されている場合、ユーザーはチェックボックスをタップしてアクションを起こすことができます。FontBold設定した場合、ボタンのテキストは太字で表示されます。FontItalic設定すると、ボタンのテキストは斜体で表示されます。FontSizeボタンテキストのポイントサイズ。FontTypeface (デザイナーのみ)ボタンテキストのフォントファミリ。HeightImageボタンに表示する画像Instant日付の瞬間 このインスタントは、日付の文書化、変換、および入学のためにClockコンポーネントで使用できます。MonthDatePickerを使用して最後に選択された月の数 月は1 = 1月、12 = 12月に始まることに注意してください。MonthInTextDatePickerを使用して最後に選択された月の名前をテキスト形式で返します。Shape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。Textボタンに表示するテキストTextAlignment (デザイナーのみ)左、中央、または右TextColorボタンのテキストの色Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。WidthYearDatePickerを使用して最後に選択された年

イベント

AfterDateSet()ユーザーがダイアログで日付を選択した後に発生するイベントGotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。TouchDown()ボタンが押されたことを示します。TouchUp()ボタンが離されたことを示します。

方法

LaunchPicker()DatePickerポップアップを起動します。SetDateToDisplay(number year, number month, number day)日付ピッカーが開いたときに表示される日付をユーザーが設定できるようにします。 月フィールドの有効値は、日フィールドの場合は1から12および1から31です。SetDateToDisplayFromInstant(InstantInTime instant)日付ピッカーが開いたときに表示する年、月、および日をインスタントで設定できるようにします。 インスタンスはClock、DatePicker、およびTimePickerコンポーネントで使用されます。

イメージ

画像を表示するためのコンポーネント。 表示する画像、および画像の外観のその他の側面は、デザイナまたはブロックエディタで指定できます。

プロパティ

Animationこれは、少数のモーションタイプを画像に添付できる限られた形式のアニメーションです。 許容されるモーションは、ScrollRightSlow、ScrollRight、ScrollRightFast、ScrollLeftSlow、ScrollLeft、ScrollLeftFast、およびStopです。HeightPictureVisibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

無し

方法

無し

ラベル

ラベルはテキストを表示するために使用されるコンポーネントです。

ラベルは、 Textプロパティで指定されたテキストを表示します。 DesignerまたはBlocks Editorですべて設定できるその他のプロパティは、テキストの外観と配置を制御します。

プロパティ

BackgroundColorラベルの背景色。FontBold設定されている場合、ラベルテキストは太字で表示されます。FontItalic設定すると、ラベルテキストは斜体で表示されます。FontSizeラベルテキストのポイントサイズ。FontTypefaceラベルテキストのフォントファミリー。HasMarginsラベルが余白付きで表示されるかどうかを報告します。 4つの余白(左、右、上、下)はすべて同じです。 このプロパティは、ラベルが常に余白付きで表示されるデザイナには影響しません。HTMLFormattrueの場合、labelのテキストをhtml形式に設定します。それ以外の場合はプレーンテキスト形式です。 注:すべてのHTMLがサポートされているわけではありません。Heightラベルの高さ(yサイズ)Widthラベル幅(xサイズ)Textラベルに表示するテキストTextAlignment左、中央、または右TextColorラベルテキストの色。Visible設定すると、ラベルが表示されます。

リストピッカー

クリックすると、ユーザーが選択できるテキストのリストが表示されるボタン。 テキストは、 ElementsFromStringプロパティを文字列区切りの連結(たとえば、 選択1、選択2、選択3 )に設定するか、ブロックエディタでElementsプロパティをListに設定することによって、デザイナまたはブロックエディタで指定できます。

プロパティSh​​owFilterBarをtrueに設定すると、リストが検索可能になります。 他のプロパティはボタンの外観( TextAlignment 、 BackgroundColorなど)とクリック可能かどうか( Enabled )に影響します。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますElements表示する選択肢のリスト(リストとして)ElementsFromString使用する選択肢のコンマ区切りリストEnabledListPickerをタップできるかどうかFontBold (デザイナーのみ)設定すると、リストピッカーのテキストは太字で表示されます。FontItalic (デザイナーのみ)設定すると、リストピッカーのテキストはイタリック体で表示されます。FontSize (デザイナーのみ)リストピッカーテキストのポイントサイズ。FontTypeface (デザイナーのみ)リストピッカーテキストのフォントファミリー。Height箱の高さ(yサイズ)。Imageボタンの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。Selection選択したアイテム プログラマによって直接変更されると、SelectionIndexプロパティも指定された値を持つListPickerの最初の項目に変更されます。 値が表示されない場合、SelectionIndexは0に設定されます。SelectionIndex現在選択されているアイテムのインデックス。1から始まります。アイテムが選択されていない場合、値は0になります。これを1未満またはListPickerのアイテム数よりも大きい数に設定しようとすると、SelectionIndex 0に設定され、Selectionは空のテキストに設定されます。Shape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。ShowFilterBar検索フィルタバーがListPickerに表示されるかどうかを示すShowFilterBarの現在の状態を返します。Textリストピッカーに表示するタイトルテキスト。TextAlignment (デザイナーのみ)左、中央、または右TextColorテキストの色Title選択肢のリストの上部に表示されるオプションのタイトル。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Widthボックス幅(xサイズ)ItemTextColorListPickerアイテムのテキスト色。ItemBackgroundColorListPickerアイテムの背景色。

イベント

AfterPicking()ピッカーアクティビティが結果を返し、プロパティが入力された後に発生するイベント。BeforePicking()コンポーネントのボタンがクリックされたとき、またはOpenブロックを使用してリストが表示されたときに発生するイベント。 このイベントは項目のリストが表示される前に発生し、表示される前にリストを準備するために使用できます。GotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。

方法

Open()ユーザーがクリックしたかのように、ピッカーを開きます。

リストビュー

これは、画面に表示するテキスト要素のリストを配置するための表示コンポーネントです。 
このリストは、ElementsFromStringプロパティを使用するか、ブロックエディタのElementsブロックを使用して設定できます。 
警告:このコンポーネントはスクロール可能な画面では正しく機能しません。

プロパティ

BackgroundColorリストビューの背景色。Elementsリストを作成するためのテキスト要素のリスト。ElementsFromStringチーズ、フルーツ、ベーコン、大根などのコンマで区切られた一連のテキスト要素でリストを作成します。 コンマの前の各単語はリストの要素になります。Heightビュー上のリストの高さを決定します。Selectionリストビューで最後に選択されたテキストを返します。SelectionIndex現在選択されているアイテムのインデックス。1から始まります。アイテムが選択されていない場合、値は0になります。これを1未満またはListView内のアイテム数より大きい値に設定しようとすると、SelectionIndex 0に設定され、Selectionは空のテキストに設定されます。ShowFilterBarShowFilterBarの可視性を設定します。 Trueならバーが表示され、Falseならバーが非表示になります。TextColorリストビューアイテムのテキスト色。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Widthビュー上のリストの幅を決定します。

イベント

AfterPicking()リストでan要素が選択された後に発生する単純なイベント。 選択した要素は、Selectionプロパティで利用できます。

方法

無し

通知機能

Notifierコンポーネントは、警告ダイアログ、メッセージ、および一時的な警告を表示し、次の方法でAndroidログエントリを作成します。

  • ShowMessageDialog:ボタンを押してユーザーが消さなければならないメッセージを表示します。
  • ShowChooseDialog:2つの応答のうち1つをユーザーに選択させるための2つのボタンのメッセージを表示します(例えば、yesまたはno)。その後、AfterChoosingイベントが発生します。
  • ShowTextDialog:メッセージに応答してユーザーがテキストを入力できるようにします。その後、AfterTextInputイベントが発生します。
  • ShowAlert:しばらくすると自動的に消える一時的な警告を表示します。
  • ShowProgressDialog:ユーザーが無視できないローディングスピナーを含むアラートを表示します。 DismissProgressDialogブロックを使用してのみ却下できます。
  • DismissProgressDialog:ShowProgressDialogによって表示された進行状況ダイアログを閉じます。
  • LogError:Androidのログにエラーメッセージを記録します。
  • LogInfo:情報メッセージをAndroidログに記録します。
  • LogWarning:警告メッセージをAndroidログに記録します。
  • ダイアログ内のメッセージ(アラートではありません)は、次のHTMLタグを使用してフォーマットできます。<b>、<big>、<blockquote>、<br>、<cite>、<dfn>、<div>、<em >、<小>、<strong>、<sub>、<sup>、<tt> <u>
  • フォントタグを使用して色を指定することもできます(例:<font color = “blue”>)。 利用可能なカラー名のいくつかは、アクア、ブラック、ブルー、フクシア、グリーン、グレー、ライム、マルーン、ネイビー、オリーブ、パープル、レッド、シルバー、ティール、ホワイト、イエローです。

プロパティ

BackgroundColor警告(ダイアログではない)の背景色を指定します。NotifierLength (デザイナーのみ)アラートが表示される時間の長さを指定します – “short”または “long”のいずれかです。TextColor警告(ダイアログではない)のテキスト色を指定します。

イベント

AfterChoosing(text choice)ユーザーがShowChooseDialogを選択した後のイベント。AfterTextInput(text response)ユーザーがShowTextDialogに応答した後に発生するイベント。ChoosingCanceled()ユーザーがShowChooseDialogをキャンセルしたときに発生するイベント。TextInputCanceled()ユーザーがShowTextDialogをキャンセルしたときに発生するイベント。

方法

DismissProgressDialog()以前に表示されたProgressDialogボックスを閉じるLogError(text message)Androidシステムログにエラーメッセージを書き込みます。 ログへのアクセス方法については、Google Androidのドキュメントを参照してください。LogInfo(text message)Androidのログに情報メッセージを書き込みます。LogWarning(text message)Androidログに警告メッセージを書き込みます。 ログへのアクセス方法については、Google Androidのドキュメントを参照してください。ShowAlert(text notice)一時的な通知を表示するShowChooseDialog(text message, text title, text button1Text, text button2Text, boolean cancelable)ユーザーが選択できる2つのボタンを持つダイアログボックスを表示します。 キャンセル可能である場合は、追加の[キャンセル]ボタンが表示されます。 ボタンを押すと、AfterChoosingイベントが発生します。 AfterChoosingの「choice」パラメータは、押されたボタンのテキスト、またはCANCELボタンが押された場合は「キャンセル」です。ShowMessageDialog(text message, text title, text buttonText)警告を消去する単一のボタンで警告ダイアログを表示します。ShowProgressDialog(text message, text title)オプションのタイトルとメッセージを含むダイアログボックスを表示します(不要な場合は空の文字列を使用してください)。 このダイアログボックスには、プログラムが機能していることを示す回転するアーティファクトが含まれています。 ユーザーがキャンセルすることはできませんが、DismissProgressDialogブロックを使用してApp Inventorプログラムによって破棄される必要があります。ShowTextDialog(text message, text title, boolean cancelable)ユーザーがテキストを入力できるダイアログボックスを表示します。その後、AfterTextInputイベントが発生します。 キャンセル可能である場合は、追加の[キャンセル]ボタンが表示されます。 テキストを入力すると、AfterTextInputイベントが発生します。 AfterTextInputの “response”パラメータは入力されたテキスト、または[キャンセル]ボタンが押された場合は “キャンセル”になります。

パスワードテキストボックス

ユーザーは、パスワードテキストボックスコンポーネントにパスワードを入力します。このコンポーネントは、入力されたテキストを非表示にします。

パスワードテキストボックスは、通常のTextBoxコンポーネントと同じですが、ユーザーが入力した文字は表示されません。

Textプロパティを使用して、ボックス内のテキストの値を取得または設定できます。 Textが空白の場合は、 Hintプロパティを使用してユーザーに入力内容を提案できます。 Hintは、ボックス内に薄いテキストとして表示されます。

パスワードテキストボックスコンポーネントは、通常ボタンコンポーネントと共に使用されます。 ユーザーはテキストを入力した後にボタンをタップします。

方法

RequestFocus()PasswordTextBoxをアクティブにします。

プロパティ

BackgroundColorテキストボックスの背景色。Enabled設定すると、ユーザーはボックスにパスワードを入力できます。FontBold設定すると、テキストは太字で表示されます。FontItalic設定すると、テキストは斜体で表示されます。FontSizeテキストのポイントサイズFontTypefaceテキストのフォントファミリー。Height箱の高さ(yサイズ)。Widthボックス幅(xサイズ)TextAlignment左、中央、または右TextColorテキストの色Hintパスワードのヒント。PasswordVisibleパスワードの可視性

イベント

GotFocus()Boxが注目の的となりました。LostFocus()Boxはもはやフォーカスされたコンポーネントではありません。

スライダー

スライダーはドラッグ可能な親指を追加するプログレスバーです。 親指に触れて左右にドラッグして、スライダーの親指の位置を設定できます。 Sliderサムをドラッグすると、PositionChangedイベントが発生し、Sliderサムの位置が報告されます。 Sliderサムの報告された位置は、TextBoxのフォントサイズやBallの半径などの他のコンポーネント属性を動的に更新するために使用できます。

プロパティ

ColorLeftつまみの左側にあるスライダーの色。ColorRightつまみの左側にあるスライダーの色。MaxValueスライダの最大値を設定します。 最大値を変更すると、Thumbpositionも最小値と(最大)最大値の中間にリセットされます。 新しい最大値が現在の最小値より小さい場合は、最小値と最大値の両方がこの値に設定されます。 MaxValueを設定すると、サムの位置がMinValueとMaxValueの中間にリセットされ、PositionChangedイベントが発生します。MinValueスライダの最小値を設定します。 最小値を変更すると、Thumbpositionも(新しい)最小値と最大値の中間にリセットされます。 新しい最小値が現在の最大値より大きい場合は、最小値と最大値の両方がこの値に設定されます。 MinValueを設定すると、サムの位置がMinValueとMaxValueの中間にリセットされ、PositionChangedイベントが発生します。ThumbPositionスライダーサムの位置を設定します。 この値がMaxValueより大きい場合は、MaxValueと同じ値に設定されます。 この値がMinValueより小さい場合、MinValueと同じ値に設定されます。ThumbEnabledスライダーサムを表示するかどうかを設定します。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

PositionChanged(number thumbPosition)スライダーサムの位置が変更されたことを示します。

方法

無し

スピナー

要素のリストを含むポップアップを表示するスピナーコンポーネント。 これらの要素は、 ElementsFromStringプロパティを文字列で区切られた連結(たとえば、 選択1、選択2、選択3 )に設定するか、ブロックエディタでElementsプロパティをListに設定することによって、デザイナまたはブロックエディタで設定できます。最初の項目が選択された状態でスピナーが作成されます。 そのため、選択してもピッキング後イベントは生成されません。 したがって、最初のSpinner項目を「下から選択…」のように非選択にすると便利です。

プロパティ

Elements選択対象のテキスト要素のリストを返します。ElementsFromStringスピナーリストを、コンマ区切りの文字列で渡された要素に設定します。HeightPromptスピナーウィンドウの現在のタイトルのテキストSelectionスピナーで現在選択されているアイテムを返しますSelectionIndex現在選択されているアイテムのインデックス。1から始まります。アイテムが選択されていない場合、値は0になります。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

AfterSelecting(text selection)ユーザーがドロップダウンリストから項目を選択した後に呼び出されるイベント。

方法

DisplayDropdown()ユーザーがスピナーをクリックしたときと同じアクションで、ドロップダウンリストを選択のために表示します。

スイッチ

スイッチコンポーネントはユーザータップを検出し、それに応じてブール状態を変更できます。 外観が異なる以外は、チェックボックスと同じです。

スイッチには、オン(true)状態とオフ(false)状態があります。 ユーザーが状態を切り替えるためにそれをタップすると、スイッチコンポーネントはイベントを発生させます。

プロパティ

BackgroundColor
スイッチの背景色
Enabled
設定されている場合、ユーザーは状態の変更とイベントのトリガーに切り替えることができます。
Height
高さを切り替える(yサイズ)。
Width
スイッチ幅(xサイズ)
On
スイッチがオン状態の場合はtrue、そうでない場合はfalse
Text
スイッチに表示するテキスト
TextColor
スイッチテキストの色。
ThumbColorActive
スイッチがオン状態のときのスイッチボタンの色。
ThumbColorInactive
スイッチがオフ状態のときのスイッチボタンの色。
TrackColorActive
スイッチがオン状態のときのスイッチスライダの色。
TrackColorInactive
スイッチがオフの状態のときのスイッチスライダの色。
Visible
設定すると、スイッチが表示されます。

イベント

Changed()
ユーザーがスイッチの状態をオンからオフまたはその逆に変更した。
GotFocus()
チェックボックスがフォーカスされたコンポーネントになりました。
LostFocus()
チェックボックスはフォーカスされたコンポーネントではなくなりました。

テキストボックス

ユーザーはテキストボックスコンポーネントにテキストを入力します。

テキストボックスコンポーネントの初期テキスト値またはユーザー入力テキスト値は、 Textプロパティにあります。 Textが空白の場合は、 Hintプロパティを使用してユーザーに入力内容を提案できます。 Hintは、ボックス内に薄いテキストとして表示されます。

MultiLineプロパティは、テキストに複数の行をMultiLineことができるかどうかを決定します。 単一行のテキストボックスの場合、ユーザーが[完了]キーを押すとキーボードが自動的に閉じます。 複数行のテキストボックスのキーボードを閉じるには、HideKeyboardメソッドを使用するか、ユーザーがBackキーを押すようにします。

NumbersOnlyプロパティは、キーボードが数値入力のみを受け付けるように制限します。

他のプロパティはテキストボックスの外観( TextAlignment 、 BackgroundColorなど)とそれが使用可能かどうか( Enabled )に影響します。

テキストボックスは通常Buttonコンポーネントで使用され、テキスト入力が完了したらユーザーがボタンをクリックします。

ユーザーが入力したテキストを表示しない場合は、代わりにPasswordTextBox使用してください。

方法

HideKeyboard()キーボードを隠します。 これが必要なのは複数行のテキストボックスだけです。 ユーザーが[完了]キーを押すと、単一行のテキストボックスがキーボードを閉じます。RequestFocus()テキストボックスをアクティブにします。

プロパティ

BackgroundColor入力ボックスの背景色。 デザイナまたはブロックエディタで名前を使って色を選択できます。 デフォルトの背景色は ‘default’(3次元陰影)です。Enabledユーザーがこの入力ボックスにテキストを入力できるかどうか デフォルトでは、これは真です。FontBold (デザイナーのみ)テキストのフォントを太字にするかどうか。 デフォルトでは、そうではありません。FontItalic (デザイナーのみ)テキストを斜体で表示するかどうか。 デフォルトでは、そうではありません。FontSizeテキストのフォントサイズ。 デフォルトでは14.0ポイントです。FontTypeface (デザイナーのみ)テキストのフォント 値はDesignerで変更できます。HeightHintユーザーが何を入力すべきかについてのヒントを提供するために入力ボックスにかすかに表示されるべきテキスト。 これは、 Textプロパティが空の場合にのみ表示されます。MultiLinetrueの場合、このテキストボックスはリターンキーを使用して入力される複数行の入力を受け入れます。 単一行のテキストボックスの場合は、Returnキーの代わりにDoneキーがあります。Doneを押すとキーボードが隠れます。 アプリは、HideKeyboardメソッドを呼び出して、マルチテキストボックスのキーボードを非表示にする必要があります。NumbersOnlytrueの場合、このテキストボックスはキーボード入力として数字のみを受け入れます。 数字には、小数点とオプションの先行マイナス記号を含めることができます。 これはキーボード入力にのみ適用されます。 NumbersOnlyがtrueの場合でも、[テキストの設定]を使って任意のテキストを入力できます。Text入力ボックス内のテキスト。これは、DesignerまたはBlocks Editorでプログラマが設定することも、ユーザーが入力することもできます( Enabledプロパティがfalseの場合を除く)。TextAlignment (デザイナーのみ)テキストを左揃え、中央揃え、または右揃えにするかどうか。 デフォルトでは、テキストは左揃えになっています。TextColorテキストの色 デザイナまたはブロックエディタで名前を使って色を選択できます。 デフォルトのテキスト色は黒です。Visibleコンポーネントが表示されているかどうかWidth

イベント

GotFocus()ユーザーがタッチするなどして、このコンポーネントが入力用に選択されたときに発生するイベント。LostFocus()ユーザーが別のテキストボックスをタッチした場合など、このコンポーネントが入力用に選択されなくなったときに発生するイベント。

タイムピッカー

クリックするとポップアップダイアログが表示され、ユーザーが時間を選択できるようにするボタン。

注:日時はClockコンポーネントのメソッドを使用して操作されます。

プロパティ

BackgroundColorボタンの背景色を返しますEnabledFontBold (デザイナーのみ)FontItalic (デザイナーのみ)FontSize (デザイナーのみ)FontTypeface (デザイナーのみ)HeightHourタイムピッカーを使用して設定された最後の時刻。 時間は24時間形式です。 前回の午後11時53分に設定された場合、このプロパティは23を返します。Imageボタンの画像のパスを指定します。 ImageとBackgroundColorの両方がある場合は、Imageだけが表示されます。Instant一瞬のうちに。 この瞬間は、時間の文書化、変換、および入学のためにClockコンポーネントで使用できます。Minuteタイムピッカーを使用して設定された最後の時刻Shape (デザイナーのみ)ボタンの形状(デフォルト、丸み、長方形、楕円形)を指定します。 画像が表示されている場合、形状は表示されません。ShowFeedback背景としての画像としてのボタンに対して視覚的なフィードバックを表示するかどうかを指定します。TextTextAlignment (デザイナーのみ)TextColorVisibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。Width

イベント

AfterTimeSet()このイベントは、ユーザーがポップアップダイアログで時間を設定したときに実行されます。GotFocus()カーソルがボタンの上に移動したため、クリックできるようになりました。LostFocus()カーソルがボタンから移動したため、クリックできなくなったことを示します。

方法

LaunchPicker()TimePickerポップアップを起動します。SetTimeToDisplay(number hour, number minute)タイムピッカーが開いたときに表示する時間をユーザーが設定できるようにします。 hourフィールドの有効値は、2番目のフィールドでは0から23、0から59です。SetTimeToDisplayFromInstant(InstantInTime instant)タイムピッカーが開いたときに表示される時間と分をインスタントが設定できるようにします。 インスタンスはClock、DatePicker、およびTimePickerコンポーネントで使用されます。

ウェブビュー

WebViewerコンポーネントの図

Webページを閲覧するためのコンポーネント。 ホームURLは、デザイナまたはブロックエディタで指定できます。 リンクをタップしたときにビューがリンクをたどるように設定でき、ユーザーはWebフォームに入力できます。 警告:これはフルブラウザではありません。 たとえば、携帯電話のハードウェアのBackキーを押すと、ブラウザの履歴に戻るのではなく、アプリが終了します。

WebViewer.WebViewStringプロパティを使用して、アプリケーションとWebviewerページで実行されているJavascriptコードとの間で通信できます。 アプリでは、WebViewStringを取得および設定します。 WebViewerに、 getWebViewString()メソッドとsetWebViewString(text)メソッドを使用して、window.AppInventorオブジェクトを参照するJavaScriptを含めます。

たとえば、WebViewerがJavascriptコマンドを含むページを開いた場合 
document.write( “答えは” + window.AppInventor.getWebViewString()); 
また、WebView.WebVewStringを “hello”に設定すると、Webページが表示されます。 
答えはこんにちはです。 
そして、Webページにコマンドを実行するJavascriptが含まれている場合 
windowAppInventor.setWebViewString( “Javascriptからこんにちは”) 、 
WebViewStringプロパティの値は次のようになります。 
Javascriptからこんにちは 。 
JavaScriptからsetWebViewStringを呼び出すと、WebViewStringプロパティが変更されたときにブロックが処理できるように、WebViewStringChangedイベントも実行されます。

プロパティ

CurrentPageTitle現在表示されているページのタイトルCurrentUrl現在表示されているページのURL リンクをたどって新しいページにアクセスした場合、これはホームURLとは異なる場合があります。FollowLinksWebViewerでタップされたときにリンクをたどるかどうかを決定します。 リンクをたどれば、GoBackとGoForwardを使ってブラウザの履歴をナビゲートできます。HeightHomeUrlWebViewerが最初に開くべきページのURL。 これを設定するとページがロードされます。IgnoreSslErrorSSLエラーを無視するかどうかを決定します。 エラーを無視するにはtrueに設定します。 これを使用して、Webサイトからの自己署名証明書を受け入れます。PromptforPermissionTrueの場合、WebViewのユーザに位置情報APIへのアクセス許可を与えるように指示します。 Falseの場合、権限が付与されていると見なします。UsesLocation (デザイナーのみ)Javascriptの地理位置情報APIを使用する権限をアプリケーションに付与するかどうか。 このプロパティはデザイナーのみで利用可能です。Visibleコンポーネントを画面に表示するかどうかを指定します。 コンポーネントが表示されている場合は値はtrue、非表示になっている場合はfalseです。WebViewStringWebViewのJavascriptを通じてwindow.AppInventorオブジェクトとして表示できるWebViewのStringを取得します。Width

イベント

WebViewStringChange(text value)AppInventor.setWebViewStringメソッドがJavaScriptから呼び出されたときに実行されるイベント。 新しいWebViewStringは、valueパラメータによって指定されます。

方法

boolean CanGoBack()WebViewerが履歴リストに戻ることができる場合、trueを返します。boolean CanGoForward()WebViewerが履歴リストを進むことができる場合はtrueを返します。ClearCaches()WebViewerキャッシュを消去するClearLocations()保存場所のアクセス許可を消去します。GoBack()履歴リストの前のページに戻ります。 前のページがなければ何もしません。GoForward()履歴リストの次のページに進みます。 次のページがなければ何もしません。GoHome()ホームURLページをロードします。 ホームURLが変更されると、これは自動的に行われます。GoToUrl(text url)指定されたURLでページを読み込みます。